スポーツ

サッカー元日本代表・駒野友一が選ぶ「ベストイレブン」でGKに挙がった意外な名前

 元サッカー選手に「ベストイレブン」を選出してもらうと、その選手のサッカー観や価値基準がわかって面白いもの。YouTubeのサッカー関連チャンネルでは定番の企画だ。元日本代表で2006年ドイツ大会と10年の南アフリカ大会に出場した駒野友一氏も、前園真聖氏のYouTubeチャンネルに出演し、ベストイレブンを発表した。

 そのメンバーは意外な顔ぶれになった。GKは清水エスパルスで活躍した黒河貴矢。GKは川口能活、楢崎正剛、川島永嗣の中から選ばれることがほとんどで、前園氏も驚いた様子だったが、理由を駒野氏は、

「一番は面白い。チームを明るくする存在ですね。後ろでどっしりと構える信頼できるキーパーです」

 と話した。

 センターバックは田中マルクス闘莉王と阿部勇樹。闘莉王の理由は安定感と空中戦の強さ、1対1の強さ。阿部はオールラウンダーでボランチもできる点を高く評価。2人がいることでサイドバックは安心して前に上がれると話した。

 右サイドバックは那須大亮、左は佐藤勇人。どちらも3バックに対応でき、ボールを回収してくれるので助かるのだとか。

 2列目に選んだのは右が森崎浩司で左が松井大輔。

「浩司は左足のキックはJリーグでもトップクラス。ボールをキープできますし、同じサイドでやっている時は上がりやすい。松井は、あのドリブルは誰にも止められない。独特なスピードだったりタイミング。しっかりシュートまで持っていきますし、みんなをワクワクさせてくれるようなプレーをしている」

 ツートップは前田遼一と佐藤寿人で、

「自分がサイドをやっていた時にこの2人が一番クロスに合わせてくれた」

 と理由を語った。

 動画の最後には、前園氏のチャンネルでベストイレブンを発表した元選手の中に、駒野氏を選んだ人がいると明かされた。それは大久保嘉人氏。しかし駒野氏は大久保氏を選ばなかった。駒野氏によると、今回はアテネ五輪世代を中心に、自身がサイドとして出場した時に一緒にプレーしたい人を選んだという。大久保氏はアテネ五輪世代ではあるが、Jリーグで同じクラブに所属したことがないため漏れたようだ。

 GKの黒河をはじめ、ベストイレブンに選ばれることが少ない選手が顔を揃えた駒野の11人。この日本代表を見てみたい気もする。

(鈴木誠)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し