スポーツ

【プロ野球フシギ現象】3割打者が今季たったの5人「投高打低」加速と「揺り戻し」の関係

 プロ野球では近年、「投高打低」が顕著だ。規定打席に到達した3割打者は2018年が20人、20年12人、21年11人、22年6人。そして今季は広島からオリックスにFA移籍した西川龍馬、DeNA・宮崎敏郎、ヤクルト・サンタナ、オリックス・頓宮裕真、ソフトバンク・近藤健介の5人のみで、過去最少となった。

 11月4日に放送された「す・またん!」(読売テレビ)に出演した阪神OBの鳥谷敬氏が、3割打者激減の理由についてこんなふうに語っている。

「2018年と比べて、単純にピッチャーのスピードが5キロぐらい上がっている。あとは、どのチームもそうですけど、先発と抑えのピッチャーは昔も今も力強い球を投げるピッチャーが多い。今はビハインドで勝敗が決まっているときに投げるピッチャーのレベルまで上がっているので、そこで率を稼ぐということができない。年間にすると、そこで1、2分違うのがこの(3割打者の)人数の少なさになっていると思う」

 今は投球の回転数や回転軸などを測定するトラックマンも導入され、ますます投手側のレベルがアップしそうだが、

「そこに野手が追いついていく。そこからまたピッチャーが上がっていく。ずっとお互いがレベルアップしていく。今はピッチャーがひとつ上にレベルアップして、次はバッターがそこに追いついていく状態だと思う」

 と鳥谷氏。つまり再び揺り戻しで打者優位か同等の時が来るというわけだが、今季3割を超えた5人はいち早く投手のレベルに追いついた一流の打者と言えるだろう。

(鈴木十朗)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」