スポーツ

【球界秘話】巨人・原辰徳監督を「えぇ~!?」と大慌てさせた中日コーチ「騙しのテクニック」

「あの頃は予告先発がないから、大博打」

 そう言ってほくそ笑んだのは、2007年に落合博満監督率いる中日のバッテリーチーフコーチだった森繁和氏だ。この年、セ・リーグの覇者である巨人とクライマックスシリーズで対戦したのだが、第2ステージ初戦を前に、敵将の原辰徳監督を「えぇ~!?」と仰天させたのだ。

 元広島・高橋慶彦氏のYouTubeチャンネル〈よしひこチャンネル〉で12月5日、森氏は当時の舞台裏を冒頭のセリフのごとく明かしたのだった。

 まずCS第1ステージ、リーグ2位の中日は、3位・阪神を相手に挑んだ。初戦の先発は川上憲伸、2戦目は中田賢一で2連勝。当時の中日のナンバー1、2の投手を起用したことにより、

「山井(大介)か、小笠原(孝)なんだよ」

 と森氏が言うように、巨人との第2ステージでは3番手、4番手の投手を先発マウンドに上げることになる。そこで森氏が考案したのは、原監督を騙すことだったと振り返るのだ。

 幸いにも阪神との2戦目は、初回に中日が一挙5得点し、余裕のある展開に。ここであえて小笠原を中継ぎに起用して、巨人との初戦の先発は右の山井だと思わせた。ところがフタを開けてみれば、なんと左の小笠原が先発。巨人は山井対策として1番から8番まで左打者を揃えてしまったことで、ベンチは大慌てだったという。

 結果、中日は3連勝して日本シリーズへと進み、トレイン・ヒルマン監督率いる日本ハムに4勝1敗で日本一の座に。セ・リーグで初となる、2位からの日本一となった。

 落合監督のオレ流采配で注目を浴びた中日だったが、策士がしっかりサポートしていたのである。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
「こんなこと初めて」ロッテ・佐々木朗希の実戦登板に飛び交った「観客の不満とブーイング」
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談