政治

「高校無償化」に喜んでいる場合か! 岸田増税クソメガネの開き直り「1300万円大増税」仰天計画

 放送中のNHK朝ドラ「ブギウギ」の劇中では、日本軍が米軍に勝っているという「大本営発表」に、日本人が舞い上がっている。だが第二次世界大戦の結末を知っている我々も、笑っている場合ではない。戦後80年以上経っても、小池百合子都知事と自民党、公明党の大フカシ「高校の授業料無償化」という「大本営発表」を、新聞とテレビが垂れ流し続けているからだ。

 小池知事は12月5日、私立を含む全ての都内の高校の授業料助成について、これまでの世帯年収910万円の所得制限を撤廃すると発表した。これを新聞テレビや一部メディアニュースは「高校無償化」と報じ、検索サイトやSNSのトレンドワードになったが、ちょっと待ってほしい。

 小池知事の言うままに、メディアは「無償化」を連呼しているが、都内に暮らす高校生の学費が全てタダになるわけではない。東京都は都立校の学費平均12万円、私立校の学費平均48万円に基づき、年収910万円未満の世帯に上限48万円の授業料を助成してきたにすぎない。

 東京都の調査によれば、令和3年度(2021年度)の受験料と入学金、施設費、教科書代を含めた私立高校の初年度経費は93万円を超えた。制服代を加えると、100万円の大台に乗る。48万円の助成金だけで「高校無償化」なんて、とても言えたものではない。

 さらに2024年度の高校受験スケジュールをみると、私立高校の合格発表が2月中旬に発表されるのに対し、都立高校の合格発表は3月1日。都立が第一志望でも先に入学手続きが締め切られる「滑り止め校」に、30万円前後の入学金を納めねばならない。

 都立高校の授業料12万円の助成より、入学するかどうかもわからない滑り止め私立高校への入学金30万円の方が、親にとってははるかに無駄で手痛い出費なのだ。

 都内には自民党や公明党を支持する宗教団体の私立高校があるから、小池知事の都知事再選を睨んだ「私立高校バラマキ」に自民党都議団と公明党都議団が乗っかったのかもしれないが、税金を無駄遣いすることはない。私立高校より先に、都立高校の入試と合格発表をしてくれるだけでいいのだ。

 更にメチャクチャなのが国会で、岸田文雄総理と政府は支持率低下に開き直ったのか、また増税するという。

 まず少子化対策として、政府とこども家庭庁は11月、「健康保険料に子育て支援金を上乗せする」と発表した。これが実現すれば、現役世代も高齢者も年間1万円程度、健康保険料が値上がりすることになる。

 さらに与党税制調査会は12月5日、高校生(16歳~18歳)の子供がいる世帯の扶養控除について、所得税を現在の38万円から25万円、住民税は33万円から12万円に縮小する「年間34万円の増税」方針を発表した。正確に言えば、控除減額分の34万円がそのまま増税分になるわけではないが、せっかく児童手当を支給されても、ほぼプラマイゼロになってしまう。

 つまり都立高校に子供を通わせる世帯は、12万円の学費助成をされたところで、困窮ぶりはなんら変わらない。

 育児世帯にとっては0歳から18歳まで、すでに2010年に廃止された15歳までの「年少扶養控除」分も合わせると、子供1人あたり1300万円の控除廃止。これが「異次元の少子化対策」なのか。

 1300万円もの控除を廃止されながら、わずか12万円の授業料をタダにしてもらって喜んでいるようなら、高校進学などやめて、小学校から算数をやり直した方がいい。

 荒川や多摩川を渡る渡らないの不公平感を語るより、国民が一致団結すべきは「これ以上、健康保険料と税金を上げるな」と声を出し続け、増税クソメガネを総理の椅子から引きずり下ろすことだろう。

(那須優子)

カテゴリー: 政治   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
2026年WBC「ピッチクロック採用」に猛反対する日本球界の交換条件は「大谷翔平DHルール」
2
【こりゃ何だ!?】空から羊・熊・鹿の肉が大量に降ってきた!「ファフロツキーズ現象」の研究結果
3
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
4
新庄剛志監督から「仰天指令」が出る!オールスター出場に怯える日本ハムナインのボヤキ
5
新庄剛志と日本ハムが去って「札幌ドーム」は火の車に!3時間で赤字が1億円超も増える「悪夢」