芸能

小泉今日子が「3社」で自虐「スター誕生!」の「スカウト数」同期の中森明菜は…

 女優の小泉今日子が12月11日放送の「小泉今日子のオールナイトニッポンPremium」(ニッポン放送)に出演。デビューのきっかけとなったオーディション番組「スター誕生!」(日本テレビ系)のエピソードを明かしていた。

 小泉による「オールナイトニッポン」は今年3度目の放送で、今回は小泉がデビュー以前に聴いていた70年代アイドルを特集。石野真子がゲスト出演した。

「石野も小泉と同じく『スタ誕』出身。石野は78年デビューで、小泉は82年デビュー。視聴者参加型の歌手オーディション番組だった『スタ誕』からは、他にも森昌子、桜田淳子、山口百恵の『花の中三トリオ』やピンク・レディー、そして『花の82年組』と呼ばれた小泉や中森明菜らを発掘。しかし芸能事務所が直接タレントをスカウトする時代となり、80年にデビューした『スタ誕』出身ではない松田聖子が爆発的に売れた影響もあり、次第に注目度と視聴率が低下。83年に幕を閉じました」(テレビ誌ライター)

 2人のトークはそんな「スタ誕」の話題に。デビューできるかどうかが決まる決戦大会ではスカウトマンがプラカードを上げるが、小泉は「真子さんすごい、16社上がったって。最多は桜田淳子さんで25社だった。私はたったの3社だったんです」と自虐。石野は「分からないものよ」とフォローしていた。

「『スタ誕』のプラカード数で桜田の次に多かったのが山口百恵と新沼謙治の20社。続く18社が黒木真由美と渋谷哲平となっています。ちなみに中森明菜は11社、岩崎宏美とピンク・レディーが8社、小泉と同じ3社は柏原芳恵、1社のみは神保美喜、松本明子。プラカード数が多いほど売れるわけではありませんが、同期の中森が順当に売れた一方、3社からあれだけ売れた小泉は、まさにのし上がった感がありますね」(前出・テレビ誌ライター)

 現在は芸能界の間口は広く、「審査」するのが一般のファンである傾向が強いのは、大きな違いだろう。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
2
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
3
横浜F・マリノスは間違えた!キューウェル監督の電撃解任で「来季も地獄」が確定
4
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
5
真美子夫人がやり玉に!大谷翔平レッドカーペット「日本人の褒め方」が明らかにオカシイ