スポーツ

鳥谷敬と大久保嘉人の旅番組「野球VSサッカー」がドローでも実質の勝者は…

 元阪神で野球解説者の鳥谷敬氏と、元サッカー日本代表の大久保嘉人氏が、12月13日の「水バラ」(テレビ東京系)で放送された「ぐるり一周対決旅第4弾」に出演。2チームに分かれて群馬、栃木を舞台に対戦した。

 鳥谷氏が同番組に出演するのは今回が3回目。チームリーダーはお笑いコンビ・オードリーの春日俊彰だが、旅をリードしたのは鳥谷氏。

 対して大久保氏は、レスリングの吉田沙保里と元阪神の西岡剛氏とチームを組み、実質的なリーダーを務めた。そのため、この対決旅はさながら野球選手とサッカー選手の能力を比較するバトルに。テレ東旅番組のファンだけでなく、野球ファンとサッカーファンの注目も集めた。

 野球代表の鳥谷氏をスポーツライターはこう評する。

「早稲田大学出身で頭の回転が早く、合理的な物の考え方ができる人物。引退してから2年になりますが、今もトレーニングは欠かさないので体力面も問題ありません」

 一方の大久保嘉人は、

「前線の選手ということもあり、頭の切れる選手というより本能で動くタイプ。Jリーグ史上初の3年連続得点王になったことからもわかるように、ゴールの嗅覚は秀でていて勘は鋭いといえるでしょう。大久保氏も引退してから2年になりますが、トレーニングは続けています」(サッカーライター)

 旅は2人の特徴がよく出た内容になったとテレビ誌ライターは指摘する。

「鳥谷氏は自ら情報収集のためにかけずりまわり、情報をよく精査して的確な判断を下していました。飲食店でお店の名物を食べるミッションでは少しでも早くクリアしたいと、店員の説明も聞かずひたすら食べる合理的な考えを発揮。対して大久保氏は深く考えずに直感で行動を即決。『感覚派』の西岡氏と同じチームだったこともあって、ほぼすべての判断を勘で決めていたのは驚きました。とはいえ放送開始すぐにじゅんいちダビッドソンに『アホそう』と見抜かれていたのは笑いました」

 頭脳派の鳥谷氏と感覚派の大久保氏の対決は、同着でドローという結果に。野球VSサッカーも引き分けとみてよさそうだ。しかし、テレビ誌ライターは鳥谷氏の圧勝に終わっていてもおかしくなかったと指摘する。

「同番組はぐるりと一周するルートを時計回りと反時計周りに分かれて旅をするルールですが、初挑戦の大久保氏が先に反時計周りのルートを選んだため、鳥谷氏は残された時計回りのルートを選ぶしかありませんでした。この時計回りルートはバスのつながりが悪く、かなりの時間とタクシー代を使うことになった。もし鳥谷氏が反時計周りのルートを行っていたら圧勝だったかもしれません。ただ、大久保氏が反時計周りのルートを選んだ理由は直感。直感で有利なルートをつかんだ決定力の高さはすごいと思います」

 結果はドローでも内容では大久保氏を圧倒した鳥谷氏。野球VSサッカーの結果は野球の勝ちと見てよさそう。次は大久保氏よりも頭のキレるサッカー選手が鳥谷氏に挑戦してほしい。

(鈴木誠)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
4
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
5
JR東日本高崎支社「電気機関車」と「ディーゼル機関車」一斉大量引退で訪れる阿鼻叫喚の「大パニック」