芸能

元付き人・宇梶剛士が受け継いだ菅原文太の任侠道

20141205sugawara

 昭和の日本映画界を牽引してきた俳優・菅原文太さんが11月28日午前3時、東京都内の病院で転移性肝ガンによる肝不全のため亡くなっていたことが分かった。81歳だった。

 菅原さんの付き人だった俳優の宇梶剛士(52)は追悼コメントをツイッターで発信。

「今日は東映撮影所で撮影をしています。18歳の半ばすぎに親父に付いて東映撮影所に来たことを思い出していました。菅原文太という人は、いつでも弱き者の味方でした」

 と、芸能界の父をしのんだ。

 菅原さんは09年より山梨県韮崎市で耕作放棄地を使って農業を始め、俳優業は「半分引退した」と語っていたが、都内で仕事がある折りには、港区の常宿近くの和食屋によく立ち寄っていた。菅原さんは付き人を募集する際には、この店主によく相談していたという。

「社交的で弱者の味方になるような若者や、リストラされた酔客とカウンターで一緒になってもコミュニケーションがとれるような人材を探していたようです。偉大な俳優は、スタッフや共演者への気配りが素晴らしいもの。長期間にわたる映画ロケでは、協調性があり、配膳の手伝い的なことができる付き人は重宝されます。居酒屋という社交場で付き人を発掘する菅原文太さんの人を見る目は素晴らしかった」(映画関係者)

 その菅原のもとで鍛えられた宇梶も、業界ではスタッフや共演者への気配り上手として知られている。

「兄貴的なキャラクターだった菅原さんの遺伝子は、芸能界では宇梶さんが受け継いでいます」(芸能プロマネージャー)

 菅原文太の任侠道は、作品以外でも多くの人の心に刻まれたことだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
土田晃之、「バイキング」の進行を止めてまで固執した“大失笑”発言とは?
2
「パラサイト」地上波放送、夫婦の「胸の突起コリコリ」シーンにお茶の間が激怒!
3
本田翼のTシャツバストショットが艶すぎる!“サイズアップ説を裏付ける”1枚
4
千原ジュニア、旅番組「地元の人との会話」で“口にできない悪印象”が判明!?
5
桐谷美玲、「バスト巨大化」噂は本当だった!?“豊かすぎバストライン”に騒然