芸能

ダイハツ「芸能人を起用しないCM」は不正試験発覚のサインだったのか

 ダイハツ工業の衝突試験不正は、とうとう全車種出荷停止にまで発展した。同社は12月20日、不正の対象がこれまでの6車種から64車種(開発中、生産終了も含む)に拡大したと発表した。国土交通省は大阪府池田市のダイハツ本社に検査に入り、道路運送車両法に基づく行政処分を行う予定だ。

 今年7月のビッグモーターによる保険金不正請求事件では、長年にわたって同社CMに出演していた佐藤隆太のイメージダウン問題へと飛び火した。佐藤に同情的な意見が圧倒的多数だったものの、中には「6年間もCMに出ていて、知らなかったでは済まされない」「不正の片棒担ぎ」という心ないSNSの書き込みもあった。

 1980年代から不正に手を染めていたというダイハツも、CMタレントへの悪影響が心配されるが…。

「ダイハツは過去に役所広司と鈴木京香が共演したり、工藤静香や仲間由紀恵、柴咲コウ、小池栄子、菅野美穂…と軽自動車の購入層を意識して、姐さん肌の女優を起用する時期がありました。ところが不正が増えたと言われる2014年を境に、芸能人を全面的に押し出したCMをあまり作らなくなったんです」

 大手広告代理店スタッフはそう言って、不正とCMの奇妙な一致を指摘する。続けて、

「ダイハツが国内のテレビCMに力を入れなくなったのは、2014年から小型車を中心に海外展開する方針に変わったから。直近でダイハツのCMに出ていたのは、上白石萌音と伊藤沙莉の2人だけでした。上白石はナレーションのみですし、伊藤も衝突試験の不正が発覚する昨年に『ムーヴ キャンパス』に出演していたことから、イメージダウンを被ることはないでしょう。海外向けの販促が続いていたのに、伊藤のCMだけは好感度が非常に高く、受注件数が当初の目標の4倍になったほど。伊藤の株が上がったCMだっただけに、残念です」

 不正フラグが立った2014年からトヨタの完全子会社になる2016年までの2年間、ダイハツでいったい何があったのか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「こんなこと初めて」ロッテ・佐々木朗希の実戦登板に飛び交った「観客の不満とブーイング」
2
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談
3
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
4
新たな火ダネに…ソフトバンク・山川穂高が逆転弾で見せた「どすこいポーズ」の嫌悪感
5
キャンプ地で阪神のハッピを着て歩き回り…大阪テレビ局にセ・リーグ球団から大ブーイング