スポーツ

掛布雅之 オフの間に「失敗の内容」を考えよう(2)

20141218p2nd

 私も現役時代に視野を広げるため、スキー、テニス、バドミントン、卓球といろんなスポーツにトライしました。例えば球技で最も初速の速いスポーツと言われるバドミントンでは、ボールから目を切らないことの大切さをあらためて思い知りました。200キロ以上の初速で打ち出されたシャトルでも怖がらずに目で追うと羽根によって減速されるためラケットで捉えることができるのです。スキーでは体幹を鍛え、崩れてもふんばれる形を覚えました。倒れそうになるところを我慢することで、野球では使わなかった筋肉を鍛えることにもつながったのです。

 他の種目で新たな発見をすると同時に、野球というスポーツがいかに難しいかということも実感するはずです。どれだけ技術を磨いても打率4割には手が届かず、結局は3割しか打てないのです。7割も失敗していいスポーツは他にありません。そこで、その7割の「失敗の内容」を考えられるようになると、打者として確実に一歩階段を上がります。

「失敗の内容」を具体的に説明しましょう。例えばAという打者が今年、Bという投手に15打数0安打に抑えられたとします。でも、その内訳が、ライナーがことごとく野手の正面をついたり、もう少しでホームランという大飛球ばかりだとどうでしょう。BはAに対して得意意識どころか、苦手意識を持つはずです。大事なのはその部分です。毎年3割を打つような打者が相手に与えるプレッシャーは、3割どころか、4割も5割もあるのです。

 本物の3割打者というのは、打撃練習では9割ぐらいはバットの芯で捉えないといけません。ホームラン打者なら練習で300球のうち、200本ぐらい柵越えを打てるようになって初めてシーズン40本という数字が見えてくるのです。例えば今年ブレイクしたソフトバンク・柳田も、7割の失敗の内容をよくする練習が大事です。まだよい時と悪い時の内容が極端すぎるのです。彼が質の高いアウトを意識すれば、メジャーも目指せる選手になるのではないでしょうか。

 一昔前に流行したイチローの「変わらなきゃ」のCMではないですが、常に進化しないとよい成績を残し続けることはできません。1つ年を重ねることでスタイルは変わっていくものですし、ベテランにとっては維持することも進化かもしれません。考え方も変えなければいけませんし、毎年同じようなオフを過ごしていても伸びないのです。

 そしてまだ芽の出ていない若い選手たちは、考えるよりも先に体で覚えないといけません。若虎たちはこの2カ月、自分との戦いに勝って、春季キャンプを迎えてほしいものです。

阪神Vのための「後継者」育成哲学を書いた掛布DCの著書「『新・ミスタータイガース』の作り方」(徳間書店・1300円+税)が絶賛発売中。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田翼のTシャツバストショットが艶すぎる!“サイズアップ説を裏付ける”1枚
2
土田晃之、「バイキング」の進行を止めてまで固執した“大失笑”発言とは?
3
稲村亜美がガニ股で躍動!ゴルフ動画の“下半身パックリ見え”にファン「感激」
4
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
5
綾瀬はるかVS高畑充希 ドラマに映せない「恥ずかしい癖」合戦(1)綾瀬のバストの存在感がすごすぎて…