芸能

追悼・菅原文太 先輩だった高倉健との「本当の仲」(2)2作目の主演作で健さんがゲスト出演

20141218c2nd

 続いて文太の東映出演2作目となったのが、若山富三郎主演の新シリーズ第1弾「極道」(昭和43年3月、山下耕作監督)である。

 文太は若山の子分役を演じ、チョイ役から脇役にステップアップした。セリフがひと言もなく、ナイフ投げの名手という無気味な役どころで存在感があった。それでも俳優としてのランクは、同様に若山の子分役で出た待田京介や山城新伍より下であった。

 が、そのキャラクターと演技は、文太をキャスティングした俊藤浩滋プロデューサーをして、

「ちょっと変わっていておもしろい。使いかた次第ではいける」

 との感触を得さしめていたのだった。

 それから何本かの脇役出演を経て、文太が東映で初の主役の座を射止めたのは、移籍後1年半のことだった。それが「現代や○ざ 与太者の掟」(昭和44年2月、降旗康男監督)であった。

 シリーズ化される作品となるのだが、1作目に若山富三郎、藤純子がゲスト出演する豪華さで、新スターとして文太を売り出そうとする東映の力の入れようがうかがえる。

 続いて文太2作目の東映主演作が「懲役三兄弟」(同年5月、佐伯清監督)で、文太の兄弟分に若山と待田京介が扮し、ゲスト出演したのが高倉健。若山、待田の兄弟分2人が殺され、ラスト、お決まりの殴り込みシーンは、文太と客分の健さん2人によるもの。それは圧巻で、文太兄ィと健さんコンビの殴り込みシーンが実現したのは、2人の共演作品が多々ある中、あとにも先にもたった1本、この「懲役三兄弟」だけ。いまとなっては、これぞお宝ものの作品であろう。

 その後も文太は京都撮影所で「関東テキヤ一家」(同年11月、鈴木則文監督)シリーズあるいは単発の主役ものを撮る一方で、鶴田、高倉、若山、藤純子主演作品にも数多くゲスト出演して瞬く間に売り出していく。昭和46年6月には川地民夫とのコンビによる「懲役太郎まむしの兄弟」(中島貞夫監督)が封切られ、これがヒットシリーズとなり、文太の人気を不動のものとした。

 文太に幸いしたのは、東映任侠路線が好調を維持し5社の中では一人勝ち状態。主役が鶴田、高倉、若山、藤純子のローテーションだけでは間にあわず、もう1人、2人、主役を張れる人材を切実に欲している最中だったことだ。そうしたタイミングで俊藤プロデューサーの目に留まり抜擢されたのが文太だった。

 昭和47年には、健さんもその役を熱望していたといわれる中島貞夫監督の「木枯し紋次郎」、さらには深作欣二監督の「現代や○ざ 人斬り与太」に主演、ともに2本ずつ撮られ、とりわけ後者の同1作目、2作目の「人斬り与太 狂犬三兄弟」は、次の「仁義なき戦い」を予感させ、その呼び水ともなるような衝撃作であった。

 そして翌48年1月に封切られた「仁義なき戦い」こそ、実録極道映画の金字塔、日本映画史に残る名作として文太の代表作となり、文太はこの作品で一挙にスターダムへと押しあげられたのだった(すでに文太は前年夏の鶴田浩二主演のオールスター作品「博奕打ち外伝」に出演した際、その宣伝文句に、共演した鶴田、高倉、若山とともに「東映四天王」と謳われていた)。

◆作家・山平重樹

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!
5
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!