芸能

話題に事欠かない人気美女アナたちのサバイバル競争!(3)山岸アナは賞味期限切れ間近?

20141218i

 ここからは“落選”候補を紹介しよう。13年4月から鳴り物入りで「NEWS ZERO」(日テレ)のキャスターに就いたフリーアナウンサーの山岸舞彩(27)は、「3月降板説」が浮上している。日本テレビ関係者が語る。

「硬派なニュースを目指す番組ですから山岸さんの採用が決まってスタッフらが『軽すぎる』と陰口を言い始めました」

 プロデューサーによるセクハラ事件についても局内では山岸「暴露主犯説」が確定的だとか。芸能コメンテーターの松本佳子氏は語る。

「メジャーリーガーのダルビッシュ投手との交際や、アイスホッケーの菊池秀治選手と“車チュー”デートが報じられて、日テレの上層部は渋い顔をしているそうです」

 日テレは民放キー局の中でも“お堅い”ことで知られ、山岸もトレードマークのミニスカを封印していたほど。所属事務所のスタッフはスキャンダルが報じられるたびに、血相を変えて上層部に謝罪に行ったという。一方、山岸はアイスホッケー選手との交際報道後、

「もうあの男とは会っていない」

 と周囲に話していたとか。番組での評判がイマイチの状況に、所属事務所はあえて降板する「逆強気作戦」も検討している。

「山岸さんはCMで稼げます。キャスターとしての縛りがなくなれば、肌や美脚を生かした化粧品などのCM出演が増えると、そろばんをハジいているようです」(日テレ関係者)

 それでも活路を見いだすのは厳しいという。4月にMCを務めた「ワンダフルライフ」(フジテレビ系)が、半年ももたずに9月いっぱいで打ち切りになってから、テレビ局関係者の間でフリーアナとしての評価が急降下中だからだ。

「話題の人にインタビューするという内容でしたが、日曜のゴールデンタイムに視聴率は5%を切っていた。この番組ではミニスカを解禁して、角度によっては下着が見える場面もあったが、この数字。賞味期限切れが叫ばれるのも当然ですよ‥‥」(テレビ局関係者)

 同じように3月降板説が聞こえてくるのは、「NEWS23」(TBS)でキャスターを務める膳場貴子(39)。故・筑紫哲也氏の後を引き継いだが、視聴率の低迷が続き、当落線上ギリギリだ。

「出演者を入れ替えたり、放送時間を延長して、番組のテコ入れをしてみたのですが、数字は一向に上がらなかった。局内では、『NEWS ZERO』のように男性キャスターに代える案が出ています」(TBS関係者)

 候補には、安住紳一郎アナ(41)の名前があがっているという。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
2
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
3
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
4
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」