芸能

美女たちの豊かなバストを一挙チェック!(3)CMで悩殺した吹石一恵のスタイル

20141218y

 中幕以降も、まだまだ血気盛んな四十路の美しいバストの出番が続く。国際舞台で揉まれてきたのは宮沢りえ(41)だ。公開中の映画「紙の月」(松竹)の主演女優としてレッドカーペットに現れるや、背中のザックリ開いたセクシードレス姿を披露した。振り向くと、10センチほどクッキリと割れ目のラインをのぞかせる深~い谷間がご挨拶。7年ぶり主演作でみずから「全て出し切った」との言葉に偽りはなかった。

「一時は激ヤセも心配されましたが、ここまで大胆に魅せられるようになったのは、やはり出産を経験したからでしょう。日本の映画祭でも海外のレッドカーペットのようにボディを魅せつけるセクシードレスが見られるようになりましたが、ついでにポロリハプニングにも期待したいところです」(前出・佐々木氏)

 映画でのセクシー艶技を上回る、セクシーハプニングがあってこそ最優秀女優賞の面目躍如なのだ。

 ここでイロモノの登場というわけではないが、薬物依存からすっかり立ち直り歌番組にバラエティにと、華原朋美(40)が活発に胸を揺らしている。

 12月1日放送の「人生が変わる1分間の深イイ話」(日本テレビ系)では、「最強の独身女40歳」として登場した。レンタルビデオ店で「極妻シリーズ」を見つけるや、「ヨダレを垂らしながら見ています」とハマりっぷりを告白。劇中ピストルに撃たれた世良公則が血みどろになりながら、かたせ梨乃(華原は岩下志麻と勘違い)の胸をまさぐるシーンを身ぶり手ぶりで熱演すると、

「今からおっぱい磨きしているから。世良公則に抱かれるように」

 ペロペロペロンと両手をハケブラシのように胸へと叩きつけ、乳房を高速で揉み上げるおっぱいマッサージを披露し、

「華原朋美が世良公則に抱かれたいって言ってました」

 と言い放つのだった。

 さて、四十路に負けてはおれぬと、ブルッと乳揺れ応戦するのは、89センチHカップ巨砲の持ち主・筧美和子(20)だ。ドラマ「黒服物語」(テレビ朝日系)でキャバ嬢を演じているが、第4話で指名の落ち込みという弱みにつけ込まれ、あわやレイプ寸前の濡れ場を演じている。

「芸能事務所に紹介する」とダマすカメラマン男の言いなりとなって、個人撮影では、「衣服を脱げ」と徐々に注文はエスカレート。ついには正常位に組み伏せられ服をガバッと剥ぎ取られると、激しく抵抗する筧のブラから暴れ乳がムニュッとハミ出した。深夜にもかかわらず視聴率も8.2%と、おっぱい同様にグ~ンと跳ね上がらせる乳魅せ艶技となった。

“乳魅せドラマ”なら「ママとパパの生きる理由。」(TBS系)の主演・吹石一恵(32)も負けていない。今年春には「ユニクロ ブラトップ」の豊乳乱れ揺れCMでおっぱいマニアの脳髄を直撃した吹石だが、ドラマ1話冒頭シーンもいきなりジョギング乳揺れシーンで開幕した。

「ピンクのウエアを着込んだ吹石が、重そうなFカップをユッサユッサと揺さぶりながら、早朝の土手の上を快走するんです。カメラが横から胸元を捉えると、ザブンザブンと大波を打つのが手に取るようにわかる。開始40秒がずっと乳揺れシーンという心憎い演出でしたね」(テレビ誌記者)

 観客も“総立ち”であろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
整形を命令、タメ口に大激怒…GACKT、元恋人の暴露で露呈した異常な下半身癖
2
嵐・二宮和也が「ビール腹」に!活動休止までの2年を乗り切れるか?
3
胸の渓谷がくっきり!土屋太鳳のFカップ「タオ胸」が過去最高の仕上がり
4
花田優一、各局からの“異例の特別扱い”は「河野景子のご機嫌取り」!?
5
真木よう子に深田恭子…“着衣バスト”を強調するドラマが増える理由