スポーツ

プロ野球「大激動シーズン」幕開け(1)ロッテ・佐々木朗希「メジャー移籍」を加速させた「ドジャース囲い込み」

 目前に迫った春季キャンプに向け、選手たちは自己鍛錬に全集中かと思いきや球団内外には暴発寸前の「不発弾」が山積みされていて‥‥。まだまだストーブリーグは終わらない。球界を騒がせるトラブルの裏真相を全てお届けしよう。

 大波乱のストーブリーグ渦中にいるのが、ロッテの佐々木朗希(22)である。契約更改が八方塞がりのまま越年。スポーツ紙デスクが解説する。

「強硬にメジャー移籍を直訴して球団を困惑させている。12月10日に『スポーツニッポン』が今オフのポスティング移籍を要望していることを報じて明るみに出ました。同時期に大谷翔平(29)のドジャース入りが決定したため、佐々木の話題はなかば誤報のように後追い媒体もなく立ち消えとなりましたが、その裏でロッテの広報がスポニチに激怒していたんです。他媒体にも『絶対に書くな!』と強く口止めしたという経緯があります」

 結局、ポスティングシステムの申請期限までに球団の許可は得られなかった。22年4月のオリックス戦で完全試合を達成し、昨年のWBC世界一奪回にも貢献した、佐々木の実力は折り紙付きだ。一方で、実働3年間で規定投球回数をクリアしたシーズンはゼロ。そんな「未完の大器」が、メジャー挑戦の意欲を抑え切れなくなったのである。その背後には夢を後押しする〝チーム佐々木〟の存在が見え隠れする。パ・リーグ関係者が耳打ちするには、

「佐々木はドジャースに移籍した山本由伸(25)に心酔しており、将来のメジャー入りを見越して、山本と同じエージェント会社と契約している。そこと業務提携を結ぶ、日本のマネジメント窓口を担当する大手広告代理店が中心となっています。さらにドジャースに勤務経験のあるスポーツコンサルタントA氏や動画配信会社役員B氏も一派に加わり〝メジャー直訴〟を佐々木にたきつけているようだ。メディアに漏らしたのもこの一派だともっぱらです」

 すでにメジャー球団の囲い込みまで始まっている。

「今オフに山本がメジャー各球団と交渉するのと並行して、佐々木とドジャース関係者の顔合わせをセッティング。その結果として、佐々木の前倒し移籍直訴となってしまった。メジャーリーガーの方が大型の広告案件を得られるチャンスが増えるため、広告代理店サイドが躍起になるのも当然というわけです。しかし、FAやポスティングを容認されていない選手への接触はタンパリングどころの騒ぎではない。他球団の極東スカウトたちは『またドジャースか!』と怒り心頭です」(パ関係者)

 今すぐにでもメジャーに行きたい佐々木サイドと行かせたくない球団サイド。この綱引きは落としどころを見出せずにいる。

「ロッテとしては26年オフまでは慰留したい。『25歳ルール』の影響でマイナー契約しか結べなければ、ポスティングで得られる譲渡金も雀の涙になりますからね。一方で、佐々木サイドにも入団時にメジャー行きを約束したサイドレターがあると言われている。『佐々木とメジャー行きの密約がセット』という情報がドラフト前に出回り、巨人やソフトバンクが指名を回避したほど。ロッテは佐々木の情に訴える以外に手段が残されていないようです」(パ関係者)

 いずれにせよ、メジャー挑戦の可否は来オフ以降に持ち越し。果たして、球団とファンを納得させる「令和の怪物」たる成績を残すことができるだろうか。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…
3
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
4
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
5
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?