芸能

松本人志の性行為強要報道「最大の被害者」は痛々しすぎる姿を晒した「あの男」

 昨年あたりからテレビでちょくちょく見かけるが、どうしても慣れないものがある。それはジョニー志村のタモリのものまねだ。「そっくり!」と感嘆したファーストインパクトが薄れず、いっこうに慣れない。テレビに出ているのを見ると、「あ、タモさんが出てる!」と思ってから「違う違う、これはものまねのほう」と脳が認識するのにタイムラグが生じるのだ。

 タモリのものまねといえば、少し前まではコージー富田の独占状態だったが、コージーがネタでよく言う「髪切った?」とか「いったんCMで~す」といったキラーワードは、ジョニーのものまねでは使われない。先日、「お笑い向上委員会」に出演していた際に「あんまりギャグにしたくないからね」と、ジョニーがタモリのまんまで言っていたので、あえて意識しているようだ。

 ジョニーと同じく「本人がよく言う」または「言いそう」なワードをものまねに盛り込むのではなく、あくまでもの「素の喋り」で魅了するタイプのものまね芸人といえば、もうひとり、レッツゴーよしまさの志村けんがある。彼の場合も「アイーン!」や「だっふんだ!」などの代表的なギャグを真似るのではなく、トーク番組に出演した時や、「天才!志村どうぶつ園」などで見られた、声が小さくシャイな感じの話し方を真似て、志村と交流のあった芸能人や関係者たちを「普段の志村さんそっくり!」と感嘆させている。

 彼らの活躍は自らが「タモリさんのモノマネばかりを求められることに飽きた」とか「志村さんのものまねは封印します」などと言い出すか、何か別のスキャンダルでも起こさない限りは、今年もきっと約束されることだろう。

 ところが、本人が「今後もこれでやっていく」と意気込んでも、残念な事情でお披露目できなくなるパターンもあるということを思い知らされたケースがある。松本人志のものまねで大ブレイクしたJPだ。

 松本がコロナウィルスの濃厚接触者ということで「ワイドナショー」を休んだ時、JPが代役を務めて、各方面で称賛を受けていたのは記憶に新しい。

 が、今回のような性加害報道の渦中では、ものまねで代役として出演しようものなら、バッシングされることは想像に難くない。ご本人もそのへんは認識しているようで、先日の「突然ですが占ってもいいですか?2時間SP」に登場した際も、ジョニー志村やレッツゴーよしまさをはじめ、ホリ、神無月、みかんといった錚々たるものまね芸人の中で、JPは松本ではなく、番組MCの沢村一樹に扮していたが、お世辞にも似ているとはいえないクオリティーだった。

 収録日が昨年の12月29日と出ていたので、文春砲の第一弾後ということになる。なので、本来はお得意の松本で出演する予定だったが、急遽、変更になったのではないかと察する。

 松本を封印し、沢村のものまねをするスベリ気味の痛々しい姿を見て、「松本人志の性加害報道の一番の被害者はJPかもしれない」とつくづく思った。

(堀江南)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す
5
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」