芸能

テリー伊藤対談「水城たま」(1)みんなデブには優しいんだなと…

20141225y1st

●ゲスト:水樹たま(みずき・たま) グラビアアイドル。1985年生まれ、埼玉県出身。昨年6月、バラエティ番組「有吉反省会」(日本テレビ系)に出演して、15キロ太った姿を披露。ぽっちゃりなのにくびれがある、奇跡的な体型の「土偶アイドル」としてブレイクした。ロリ顔と肉厚な体型がエロいと人気を呼び、ぽっちゃり界の新女王として活躍中。12月24日に最新作DVD「ぽちゃプニ」(イーネット・フロンティア)が発売予定。オフィシャルブログ http://ameblo.jp/mizuki-tama/

 事務所も真っ青の「正月激太り」が一転、「ぽちゃドル」「土偶アイドル」として人気を得た水樹たま。童顔と水着からはみ出すほどの豊満なカラダのバランスは、グラビア戦国時代に独特の雰囲気を放つ。そんな水樹の体重管理の極意に、天才テリーも「ハリウッド並み!」と大絶賛!?

テリー アレっ、けっこう痩せた?

水樹 はい。12キロぐらい痩せました。

テリー 「土偶アイドル」っていうか、もう普通のかわいい子じゃん。

水樹 ハハハハ。

テリー 胸も痩せた?

水樹 サイズは変わってないんです。Jカップあります。

テリー おお、すごい。日テレジェニック(日本テレビのイメージガール)だったんだよね?

水樹 はい。2006年の。相澤仁美ちゃんと原幹恵ちゃんと同期でした。

テリー その時はわりと普通のグラドル体型だったのに、去年から急に太って、人気も上がったと。ピークで何キロだったの?

水樹 152センチ、65キロぐらいですね。

テリー 太った時、事務所から「そんなんじゃ仕事ないぞ」って言われなかった?

水樹 言われました。お正月に一気に太ったんですけど、その年のいちばん初めにDVDの衣装合わせに行った時も、監督さんの顔から、表情がどんどんなくなっていくのがわかって。

テリー 「お前、宣材写真と全然違うじゃん」って?夜の店によくあるよな。パネルマジック(笑)。

水樹 いつも担当していただいているスタイリストさんが「えっ、用意した衣装が全然入らない」となって、周りがザワザワし始めて。そこで初めてヤバイなと。

テリー ヤバイに決まってるじゃない。

水樹 どうにかロケに行って撮影したら、そのDVDがけっこう売れたらしくて。

テリー 肉感的なのがいいって。

水樹 そうなんです。それで、東スポさんが「アイドルが正月太り!」と取り上げてくださったんですよ。そこからリリー・フランキーさんとみうらじゅんさんがグラビアの企画で雑誌で取り上げてくださって、さらにテレビ番組にも出させていただいて。

テリー それでブレイクしたんだ。生活は変わった?

水樹 女性の方からの反応が多くなったのと、ブログのコメントも優しくなりましたね。みんなデブには親切なんだと思って。

テリー それまではどうだったの?

水樹 45キロだった頃は、女の人は「しょせんグラビアアイドルなんて、ビッチで派手に遊び歩いてるんでしょ」みたいな感じが多かったんですよ。

テリー かわいいから嫉妬されちゃうんだよな。

水樹 今は「太っていても、明るく元気なたまちゃんに好感を持てます」とか「太っててもおしゃれしていいんですね」とか「勇気が湧きました」みたいな。だから、太ってよかったなと思ってます。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
2
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
3
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
4
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性