社会

古代シュメール人に文明を与えた「幻獣オアンネス」は宇宙服を着た地球外生命体だったという考察

 近年の研究によれば、現存する文字はおおよそ約5500年前のものだとされる。そしてそれらの文字を人間に伝えたのは、地球を訪れていた地球外知的生命体、つまり宇宙人だったのではないか。

 そんな仮説をもとにした研究本が、アメリカの天体物理学者カール・セーガンとヨシフ・シクロフスキーによる共著「Intelligent Life in the Universe」(1966年出版)だ。

 同著には、現在のイラクにあたる古代シュメールに伝わる「オアンネス」という幻獣が、実は宇宙人だった可能性について考察されているのだが、

「シュメール文明は紀元前4500年から1900年にかけて繁栄したとされる、メソポタミア南部史最古の文明。その中にはシュメール人に文明を与えた『神』であり、人間以上の知性を備えたオアンネスという生き物が登場します。紀元前300年頃、バビロニアに存在した大地神ベルの神官であるベロッソスが書いた『バビロニア史』によれば、オアンネスはペルシャ湾から突如として現れた生き物。全身が魚の鱗のようなもので覆われ、頭の下にもうひとつ頭があり、魚の尾とともに人間の足のようなものがついていたといいます。その姿は、あたかも潜水服、あるいは宇宙服を着ているように見えることから、宇宙人説が根強かった」(古代文明研究家)

 セーガンらの考察によれば、「オアンネス伝説」はシュメール人の子孫により何世代にもわたって語り継がれてきた。彼らの先祖がなんらかの理由で、「シュメール文明の起源は地球人ではなく、オアンネス」だと考えていたことは間違いないだろう、と。だからこそ、オアンネスの功績を称えるため、あえて粘土板などに描いたのではないかと分析しているのだ。

 なお、紀元前14世紀頃のアマルナやアッシュールの時代に出土した粘土板の断片には、大洪水が起こる以前の七賢人の物語が記されている。賢神エアの使者である七賢人の筆頭は「アダパ」という名の半神人だが、前述した「バビロニア史」には、この「アダパ」を「オアンネス」と記載されている。そこも謎なのだという。

 はたして古代文明の粘土板に記された、宇宙服を着た謎の生物の正体は何か。壮大な古代のロマンを前に、研究者の夢は無限の広がりを見せている。

(ジョン・ドゥ)

カテゴリー: 社会   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す
5
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」