芸能

嗚呼、素晴らしき「80年代テレビ黄金時代」を語り尽くそう!〈迫文代〉「なるほど!ザ・ワールド」は2週間風呂なしも

 海外の面白伝統、文化、習慣をクイズで出題していた「なるほど!ザワールド」(フジ系、81~96年)。当時は年間3分の2が海外ロケ生活だったという、名物レポーター・迫文代(65)が、苦労の絶えなかった現場での奮闘劇を振り返る。

 テレビ朝日のアナウンサー時代から、スタジオでニュース原稿を読むよりも外に出てレポートをする方が性に合っていると思っていたんです。当時は「夕刊タモリ!こちらデス」(81〜82年)や横山やすしさんと「ザ・テレビ演芸」(81〜91年)、「おはようテレビ朝日」(81〜85年)などを担当していましたが、天気予報を陽気に踊りながら伝えたりしていました(笑)。

 入社5年目、27歳の時にフリーになることを決めたんです。タモリさんと番組が一緒だったつながりで、所属されている田辺エージェンシーでお世話になることになりました。

 局アナ時代のくだけた振る舞いを〝ひょうきんプロデューサー〟の横澤彪さんがチェックしてくれていたようで、すぐに「オレたちひょうきん族」(フジ系、81~89年)に呼ばれたんです。番組内のコーナーで、赤いスーツを着たインテリキャラ〝クイーンエリザベスⅢ世〟という役をいただきましたね(笑)。

 でも、その分野では芸人さんにはかなわないと実感。本来やりたかったレポーターの仕事をしたいと思っていました。そうしたら、ラッキーなことに「なるほど」の王(東順)プロデューサーから出演依頼が来たんですよ。

 最初に行った国はボルネオ島のジャングルでした。目的の村に着くまで蛇行した川をカヌーに乗って移動します。「なるほど」は問題が面白くなければならないので、訪問する国の首都なんて通り越して、その国の辺境の地まで行くんです。オンエアでは流れない、ロケバスの移動は7~8時間が当たり前。その時も、それでようやく上流でイバン族という民族に対面できました。

 パリ・ダカール・ラリーの取材では、出場しているラリーカーを追いかけながらサハラ砂漠で野宿。というより、砂漠の真ん中で道がわからなくなったんですから。2週間、お風呂にも入れませんでしたね。ようやくシャワーを浴びることができた時、汚れすぎていて石鹼が泡立たないの (笑)。

 ロケは過酷を極めましたが、実は私、海外で何度もプロポーズされているんです。カメルーンのある村では150人も奧さんがいる王様から「151番目の妻にならないか」ってプロポーズされました(笑)。南極海のキングジョージ島の基地にいた外国人の方からも、日本までラブレターが届いてびっくり! 辺境の地ではとにかくモテました。

 60カ国ぐらい行ってますが、各国の食事にも驚かされました。カメルーンではハリネズミや大蛇が市場で売られていたり、ラオスでは体長2センチぐらいの蟻が山盛りで‥‥。だから日本から沢庵や梅干し、醬油、マヨネーズなんかを持ち込むのは欠かせなかったですね。

 結局、4年弱、お世話になりましたが、このままでは結婚もできないと思ってみずから身を引きました。

 その後、結婚、出産、離婚を経て、現在は神奈川・鎌倉でカレー専門店「コペペ」を経営している。

 このままずーっとテレビの仕事が続くとも思っていなかったので、修業を経て、10年にオープンしました。でも、人が集まる小町通りとは逆の場所に店があるので、目立たないんですよ。だから毎朝、1人でビラ配りを10年間続けました。駅前に立って「なるほど」を見ていたであろう世代のグループに声をかけるんです。「なるほど!ザ・ワールド」ってお馴染みのポーズを決めて近づくと、「あっ、見たことある」って。「鎌倉野菜のサラダも付いて、カレーは税込み1000円なんです」って猛アピールして、その場で予約を取り付けていました(笑)。今は若い人や外国人観光客の方も来てくれています。「なるほど」で鍛えて海外慣れしていますから、外国のお客さんともフレンドリーに接していますよ。

迫文代:81年、テレビ朝日入局。アナウンサーとして報道、情報番組で活躍。その後フリーとなり、「なるほど!ザ・ワールド」の名物レポーターとして海外を渡り歩く。10年、鎌倉でカレー店「コペペ」をオープン。お客さんとのつながりを大事に営業している。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え