スポーツ

サッカー都並敏史・柱谷哲二・北沢豪が激白!今では絶対にありえない「骨折・手術でも試合に」激痛&爆笑秘話

 体の一部に少し違和感がある程度でも、試合や練習を休むのが今のサッカーの常識になっているが、昔はまったく違っていた。日本代表でヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ1969)の黄金期を支えた都並敏史氏と柱谷哲二氏、北澤豪氏、松木安太郎氏が、YouTubeチャンネル「おじさんだけど、遊んでもいいですか」で、現役時代のとんでもないケガ事情を明らかにした。

 最も壮絶なケガ体験をしたのは都並氏。左足首を亀裂骨折したまま、W杯アメリカ大会のアジア最終予選に招集された。都並氏が振り返る。

「レントゲンに太い線が出ていて、完全に折れていた。そうだよな、俺が痛いぐらいだから折れてるよな、と思った。そんな状態だから、代表に行かない方がいい。オフトさんに電話したら『絶対に来い』って話になった。監督をしている親友に相談したら『監督としては、お前が1戦目に出ると相手に思わせたい。とりあえず行くのは意味がある』と言われて、(初戦の)サウジ戦は騙せるなと思って行くことを決めた。行けば壊れるのはわかっていたので、カミさんに行った方がいいか聞いたら『当たり前でしょ。行きなさいよ』って。カミさん、日体大(出身)だから(笑)」

 こうして代表に参加すると、オフト監督から「You are normal」と言われ、戦う気持ちになったという。相手を騙すには練習をするしかなく、麻酔を打ちながら練習に参加していたと明かした

 松木氏は右足の親指を骨折したが、ポジションを奪われるのを恐れ、隠しながらプレー。指を綿でぐるぐる巻きにして、右足だけ1サイズ大きなスパイクを履き、試合に出場したとか。

 オフトジャパンでキャプテンを務めた柱谷氏は、最終予選の前にウイルス性の風邪による肝炎を患い、体調が万全ではないまま試合に出場。さらに頬骨を折っても試合を続けたことがあると言う。

「手術が終わって、ドクターにこれで大丈夫なのか聞いたら『また手術すればいいんじゃない』って(笑)」

 と笑い飛ばした。さらに北澤氏も、

「試合中に目尻を切って、ハーフタイムに縫ってもらったら、目が閉じなくなった。ドクターに目が閉じないことを伝えたら『大丈夫。開きっぱなしでやりなさい』と言われた」

 いずれも爆笑もののエピソードだが、当時はそんなドクターばかりだったとか。今では笑い話ながら、令和の時代にはあってはならないことだろう。

(鈴木誠)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し