社会

「紅麹」健康被害のターゲット「腎臓」を強化する「黒い食材」ってナンだ

 死者まで出した小林製薬の「紅麹」をめぐる健康被害問題では腎臓機能の低下がクローズアップされ、透析にまで及んだケースもあるとされる。

 東洋医学の五臓(肝・心・脾・肺・腎)の中でも、生命機能に深く関わる「腎」は、若さの象徴といわれる。腎の中にあるエネルギー「腎気」は35歳頃を境に減少していくが、普段の食事から補い、養生することができるという。

 中医学でもとりわけ重視しているのが「腎」の働きだが、

「腎は西洋医学で分類される腎臓とは少し違います」

 と解説するのは、健康ジャーナリストだ。続けて、

「腎臓は血液をろ過して老廃物を排出し、水の代謝を調整する働きなどが一般的ですが、腎はそうした水の代謝に関わる働き以外に、精(生命エネルギー)を宿すという大事な役割があります。これを『腎気』といいます。腎気は人の成長や成熟、老化に関係しており、西洋医学でいう成長ホルモンなどに深く結び付く働きをします。この腎気の総量が少ないと体質的に弱く、腎臓病の症状が出やすいといわれます。また食生活やストレスなどの影響で腎気が急激に弱ると、冷えやむくみを感じたり、白髪や抜け毛が多くなってくるなどの変化が起きやすくなるのです」

 となると、日常生活の中で「腎気を補う」ケアが大切になる。腎気を高める強力な食材はあるのか。

 実は腎と相性のいい色が黒で、黒い食品は腎のエネルギーを強化、補充すると言われている。

「特に黒大豆、黒米、黒ゴマ、小豆、キクラゲのほか、コンブやヒジキ、ワカメなどの海藻類や、黒カシスなどの果実もいいでしょう。中にはその黒大豆や黒米、黒松の実などいくつもの黒い食材から作られた『古代食』なるものも売られていますね」(前出・健康ジャーナリスト)

 そうした黒い食材を粉末にした食品もあるというから、利用する価値があるかもしれない。

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
2
横浜F・マリノス「ホーム試合開催」大ピンチがスポーツ界に拡大する「深刻大問題」
3
人気俳優Aに「年内結婚」「事務所独立」が急浮上
4
サッカー前園真聖の後輩選手がビクビク暴露「高校時代は怖すぎた」その理由を聞いて脱力
5
大谷翔平の主婦人気ガタ落ちは本当か!本塁打単独トップへの無関心に「理由は結婚じゃない」