政治

宮沢博行前防衛副大臣「男性経験なしの女性を物色」でさすがに載せられなかった「あられもない異常行為」写真

 妻子を地元の静岡県に残し、都内で28歳女性と同棲生活を送ったかと思えば、同棲解消後は出会い系サイトに登録し、「卒業のお手伝いもします。楽しい時間を楽しみましょう!」と呼びかけていた。

 そんな「秘密のパパ活スキャンダル」が発覚した自民党の宮沢博行前防衛副大臣は「週刊文春」の取材に事実関係を認め、4月23日に「一身上の都合」で議員辞職届を出した。

 報道によると、宮沢氏は2021年、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言下で、出会い系カフェで知り合った当時28歳の女性と金銭的な援助を伴う同棲生活を送っていたが、同僚議員たちが銀座通いをしていたことが発覚して離党に追い込まれたことを知り、同棲を解消する。その後に始めたのが、出会い系サイトへの登録だった。

 宮沢氏の言う「卒業」とは「初めての行為を卒業」のこと。宮沢氏は「紐パン」をはいて、男性経験のない女性を物色していたという。最近は性サービス嬢にも手を出していたというから、その性欲は実に旺盛だ。

 直撃した記者に対し、宮沢氏はやたらと股をまさぐりながら、こう答えている。

「うん、銀座のクラブに行ったって、何も面白くないんです。エッチできなかったら不満が残るだけです。青春を取り戻したい、という気持ちもありました」

 これはさすがに報じなかったが、自民党関係者によると、

「カンチョーされて悦に入っている写真も、文春側には提供されていた」

 そして別の自民党関係者は、

「二度と国会に来てほしくないです」

 と吐き捨てるように語った。

(田中紘二/政治ジャーナリスト)

カテゴリー: 政治   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
2
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴
3
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
4
【鉄道界激震】西武鉄道が「箱根山戦争」を繰り広げた「小田急・東急の中古車両」購入の「格落ち」感
5
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意