社会

強制帰国トラブル回避術…早期リタイアしてタイに移住したいなら「50歳を過ぎてから」

 日本の税金の高さや進む円安を受けて、海外へと移住する人が増えている。特に人気が高いのはマレーシア、タイなどの東南アジアだ。

 ひと昔前であれば物価も安く、定年後やアーリーリタイア組の移住先として定番だったタイ。ところが今、大きな変化が起きている。

「正直、いいことばかりではありません」

 と語るのは、タイに住んで3年になる男性Aさんだ。早期リタイアしてタイに移住したが、現在は学生ビザを取得している。タイではリタイアメントビザ(ノンイミグラント)の取得は満50歳以上、というのが条件だ。

 現在48歳のAさんは、語学学校に通いながらノンイミグラントビザ(学生ビザ)を更新し、タイに住み続けている。Aさんが言う。

「学生ビザの更新は年々、難しくなってきているようです。若い人の中にはタイでの更新が難しく、ラオスまで行って取得する人も多いですね。それでも1年から2年が限界です。先日、私も一時帰国して再度、学生ビザでタイに入国しようとした際に、入国審査で止められました」

 入管にタイ語で質問をされ、どうにかAさんは入国できた。しかし、Aさんの知人はビザを持っているにもかかわらず、日本に強制帰国させられたという。Aさんが続ける。

「知人が学生ビザでタイに入るのは2度目でした。同じようにタイ語で質問された際に、うろたえてしまったんです。その結果、『語学学校に通っているのにタイ語を話せないのはおかしい』と別室に連れて行かれ、そのまま強制帰国となりました」

 なお、タイの語学学校ではそうしたケースに備え、学校に電話すれば対応してくれるのだが、Aさんの知人はそれすらできないほど戸惑ってしまったというのだ。Aさんがさらに続ける。

「最近、ノマドワーカーとしてタイに長期滞在しながら、リモートで仕事をする若者が増えています。しかし、現地採用ではないため、結局は観光ビザか学生ビザでしか入国できません。中には入国時に賄賂を要求されるトラブルに見舞われた人もいるようです」

 将来的にタイに移住したいのであれば、50歳になってリタイアメントビザを取得するまで待つのが最善の手だろう。しかし若い人の中には、日本からリモートで仕事をしたり、YouTuberとしてタイでフリーランスの活動を展開する人もいる。

 日本のメディアではしばしば海外移住が推奨されているが、公式な手続きを取っていても、実際には「裏ルート」とみなされて入国できなくなることもある。Aさんは、

「移住のいい面だけを鵜呑みにしない方がいい」

 と警告するのだった。

カテゴリー: 社会   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し