スポーツ

高橋藍がインバウンド大使に!国内電撃移籍でバレーボール新リーグが目指す「打倒Bリーグ」のシナリオ

 全国のバレーボールファンがおもわず「耳を疑った」のが、イタリア1部セリエAのモンツァに所属していた、バレーボール男子日本代表の一番人気、高橋藍の国内電撃復帰だ。

 移籍先はサントリーサンバーズ。Ⅴリーグ2023-2024のディビジョン1のレギュラーラウンドでは2位となった強豪だが、あまりに急な展開に戸惑いを隠せないファンも多いという。

「モンツァとは2023年6月に契約。移籍1年目からセリエAの決勝進出に貢献しました。それだけに、もっとさらに上のクラブへ行けるはず…と高橋ファンは信じていたようです。ところが、まさかの国内逆戻り。日本で高橋のプレーを見られることには歓喜の声が上がっていますが、熱心なバレーボールファンからは少し残念だという意見も聞かれますね」(スポーツライター)

 高橋の国内復帰には様々な意見が飛び交っているが、最も大きな理由は、ⅤリーグがSVリーグへと生まれ変わることだろう。SVリーグのMENS(男子)には10チームが参戦予定だが、オンザコートルールが新たに改定されることで(同時にコートに立てる外国籍選手数が増える)、海外の有名プレイヤーの移籍も活性化され、確実にリーグのレベルアップが約束されている。セリエAでしのぎを削っていた高橋には、これは移籍の後押しとなったはずだ。さらに、前出のスポーツライターが続ける。

「現状、Vリーグの目指すところはあきらかにバスケのBリーグです。昨年度のVリーグの平均観客数が2000人ちょっとだったのに対し、Bリーグはまだ集計こそ出ていませんが、最上位24チームで戦ったB1の最新シーズンはチケット価格がVリーグより高いにもかかわらず、平均4500人を超えたと言われています。しかも、選手グッズの売り上げ額も半端ない。その要因はやはり、昨年のバスケW杯で日本代表をけん引した選手たちの大半がBリーグに在籍していること。ファンが見たい選手を国内でプレーさせる。この部分を変えないと、本当のバレーボールブームは来ないと関係者も考えたのでしょう」(前出・スポーツライター)

 その起爆剤が、男子日本代表の中でも圧倒的1番人気の高橋というわけだ。全チームの中でも資金が豊富だと言われるサントリーだけに、年俸もケタ違いではないかとすでに囁かれているが、はたして高橋1人だけで「打倒Bリーグ」といくのだろうか。

「高橋の人気は日本国内にとどまらず、アジア全土に広がっています。フィリピンで行われた代表戦では、現地のあまりの女性ファンの多さにSPが5人ついたほどです。まさにスーパースターなんです。高橋の国内移籍でそういったアジアのファンも観客として呼び込めるのではないか、さらに海外でのテレビ放映権料にも繋げられるのではないかという目論見がありそうです」(前出・スポーツライター)

 7月のパリ五輪で活躍したあと、10月に開幕する新リーグではスーパー客寄せならぬ、インバウンド大使として高橋がチケット争奪戦の主役となる。

(飯野さつき)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し