スポーツ

西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史

 本サイトが5月21日に報じたように、一向に上昇気配が見えない西武ライオンズの内部では、松井稼頭央監督の途中休養が取り沙汰されていた。それがついに、現実のものとなったのは、5月26日の試合後だった。

 45試合で借金15のブッチギリ最下位。休養はまだ早すぎる、との声もある中、球団がやむなく断を下した形だ。

 サッカー界ほどではないが、プロ野球でもこうしてシーズン途中で監督が代わる例は少なくない。

 実際に指揮を執った監督の中で最も短命だったのは、1970年に広島カープの監督に就任したジョー・ルーツ。開幕からわずか15試合での電撃辞任だった。この間の成績は6勝8敗1分だが、辞任に至ったのは、成績とは別の理由からだった。

 ダブルヘッダーの第1試合で投球の判定をめぐり、球審に猛抗議したルーツは、割って入った別の塁審に体を突かれたと勘違いし、肘で2度ほど押し返してしまった。これによって退場を宣告されたのだが、本人は納得せず、本塁上にとどまり続けた。

 困った審判団は、広島の球団代表に説得を依頼。この現場介入が、グラウンドでの全権を任された指揮官のプライドを傷つけた。

「後任を決めておきなさい」

 と告げると、第2試合の指揮を執らずに、球場をあとにした。

 ルーツに続くのは、1984年のヤクルト・武上四郎と、2003年のオリックス・石毛宏典だ。武上は開幕18試合で辞任、石毛は20試合での解任となった。両者ともに、前シーズンが最下位。巻き返しを図ったものの、辞めた時点での勝率は、武上が3割台、石毛は2割台。ファンの失望は大きく、あえなくお役御免と相成ったのである。

 それに比べると、松井休養監督はまだ生きながらえた方、と言えるのか…。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し