スポーツ

「矢野はなんちゅうことをしてくれたんや」阪神OBが嘆く佐藤輝明の「致命的な初期育成ミス」

 ファーム暮らしが続く阪神・佐藤輝明をめぐって、矢野燿大前監督に対して球団OBや関係者から、非難の声が上がっている。いったい、どういうことか。

 佐藤は現在、2軍で「4番・三塁」として出場を続けているが、攻守ともに目立った結果を残していない。和田豊2軍監督は、

「バッティングでいうと、輝らしさには行き着いていない。逆に守備を輝らしくないぐらいやってほしい」

 DH制が採用されるセ・パ交流戦がスタートしているが、現時点で1軍再昇格のメドは立っていない。この現状に、在阪スポーツ紙遊軍記者は、

「OBからは『矢野前監督の育成方針が間違っていたからだ』という声が出ていますね」

 事実、さるOBは次のように説明する。

「矢野は佐藤が入団してから、守備に関してはキチンとした育成方針を固めていなかった。ポジションを内、外野でコロコロと代える試合が多かったし。入団した当初、彼の守備力が1軍レベルに達していないのは、一目瞭然。内野で使うか、外野で使うかは首脳陣の方針だが、両方で使うことで、どちらも中途半端になってしまった。1年目からポジションを固定して徹底的に磨けば、名手と呼ばれるようにはならなくても、無難にこなせるようにはなったかもしれないのに。もったいない。岡田彰布監督は必死に育てようとしているが、最初が肝心だった。もはや手遅れかもしれない…」

 今季は特に守備のミスが目立ち、時には勝敗を左右しかねないプレーもあった。そのため守備が負担となり、持ち前の豪快な打撃に影響を及ぼしている。

「守備で大きなミスをするとその後、打席に入っても気になってしまうんでしょうね。見ていても、しょげぶりがひどい時がありましたからね」(前出・遊軍記者)

 今季の阪神は打撃力に大きな課題があるものの、盤石な投手陣を中心とした守りの野球で勝ち星を重ね、首位を堅持して交流戦に突入した。それだけに、守備に難のある佐藤の出番は今後、さらになくなっていく可能性がある。球団初の連覇を期待するOBたちが「矢野はなんちゅうことをしてくれたんや」とやり玉に挙げるのも無理はないのだ。

(阿部勝彦)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し