スポーツ

泣けるヒーローインタビュー!中日・板山祐太郎のサヨナラ打で「アカン液体」をぶっかけた「犯人」

 むしろ、阪神ファンの方が大喜びか。

 現在、セ・リーグ5位で貧打と借金にあえぐ中日が地元バンテリンドームで、7月5日から7日の首位・広島との3連戦に、まさかの3連勝。順位は5位のままながら、広島とのゲーム差を一気に3.5差に縮め、混セの演出に一役買った。

 その立役者は、板山祐太郎。昨年オフに阪神から戦力外通告を受け、中日に育成選手として入団した選手だ。

 この3連戦、カープ打線は中日投手陣に計11安打に抑えられた。それが、3連戦すべて2点ずつしか取れなかった中日が3連勝できた最大の理由だが、野手陣でひとり気を吐いたのが板山だった。6日には相手のエース・大瀬良大地から移籍後初アーチを放つと、7日は同点で迎えた9回裏、一死満塁の場面で守護神・栗林良吏からライトへサヨナラ安打を放った。2日連続でお立ち台という快挙だ。

 そんな板山が、ヒーローインタビューでもファンを沸かせてくれたと、野球記者が話す。

「開口一番、『やりましたー!』と喜びを爆発させて歓声を浴びた板山ですが、サヨナラ安打を祝福するチームメイトからのウォーターシャワーについて『誰かがアクエリアス掛けたので、ちょっとベタベタしてます』と明かして、ファンを爆笑させていましたね」

 普段はミネラルウォーターを浴びせるのが通例だが、VTRでスロー映像を確認すると、「犯人」は岡林勇希だったことが判明。これがイタズラなのか、ただの間違いなのかは不明だが、どちらにせよファンは大喜び。そして、板山に対して「名古屋に来てくれてありがとう」の言葉が大量にあふれただけでなく、首位の広島をやっつけた元虎戦士に、阪神ファンからも「よくやった」「おめでとう」の声が飛び交っていた。

 実はこの板山、6月25日の阪神戦(倉敷)では、3安打猛打賞でヒーローインタビューをすでに受けている。その時の「忘れられない1日になりました」という言葉を聞いて、阪神2軍の鳴尾浜時代からの板山の頑張りを見てきた野球評論家の福本豊氏は、「泣いた」と話している。

 もはや、中日にはなくてはならない存在。大混戦のセ・リーグで、板山の勝負強さによって、阪神が今回の広島と同じ目にあわされる日が来ないとは限らない。

 7月12日からはバンテリンドームで3連戦が控えているだけに、元虎戦士の活躍を喜ぶのはここまで。岡田阪神はきっちりと対策を立てなければいけないはずだ。

(石見剣)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体
2
「巨人軍は冷たい。それは今も感じている」西本聖が嘆いた現役時代の「仕打ち」
3
【専門計測値で判明】12球団で最も本塁打が出やすい球場は「甲子園の4倍」のココだ!
4
「元祖SNS炎上妻」騒動もあったけど…広島カープ・小園海斗が4番で成功した「最大の要因」
5
38歳で完全に浜崎あゆみ路線!AAA宇野実彩子の過激化に賛否勃発も「一度露出したら止められない」