芸能

「踊る大捜査線」最新2部作プロデュースの改革者が「2度目のフジテレビ社長」の可能性

 あの亀山千広氏がノリにノッている。この名前を聞いただけでピンときた人は「踊る大捜査線」ファンだろう。そう、スピンオフ作品を含めて累計興行収入が約487億6000万円に達した映画シリーズをプロデュースした「生みの親」だ。

 亀山氏は現在、BSフジの社長の任にある。「踊る」の功績が認められ、2013年にフジテレビの社長に就任。低迷を続ける局の命運を託されると、32年間続いた「笑っていいとも!」をはじめ、小堺一機司会の「ごきげんよう」や「すぽると!」「ニュースJAPAN」などの長寿番組を、次々と終わらせていった。だが、そんな断行もむなしく、フジテレビが浮揚することはなく、亀山氏は2017年に社長を退任している。

 その後、BSフジに横滑りした亀山氏だが、ここでは実力を発揮し、放送事業収入、事業収入ともに、堅調に推移。2023年度の利益は営業利益31億円超、純利益21億円超と好実績を残した。営業利益は過去最高だったという。

 さらに亀山氏はこの秋、「踊る」シリーズの最新作として公開される「室井慎次 敗れざる者」「室井慎次 生き続ける者」の2部作をプロデュースしている。12年ぶりの「踊る」シリーズであることから、こちらも確実にヒットが見込まれる。

 一方で、本体のフジテレビは相変わらずだ。今年1月、テレビ東京にゴールデン帯(午後7時~10時)の視聴率で敗れ、最下位に沈んだことは記憶に新しい。

「今後の実績次第ですが、亀山氏がフジテレビ社長に戻る可能性は大いにあるのではないですか」(ベテラン放送作家)

 フジテレビ社長時代はその改革に失敗した、などと言われた亀山氏。「2度目」でリベンジはあるか。

(薮田道弘)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊達綱宗に5億円を要求!身請けされても指1本触れさせず斬殺された「悲劇のトップ花魁」
2
38歳で完全に浜崎あゆみ路線!AAA宇野実彩子の過激化に賛否勃発も「一度露出したら止められない」
3
撤退バイデン「老害批判」のトランプに「当選すればお前こそ老いぼれ大統領」最高齢記録更新の大ブーメラン
4
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体
5
「巨人軍は冷たい。それは今も感じている」西本聖が嘆いた現役時代の「仕打ち」