社会

テリー伊藤対談「猪瀬直樹」(1)東京五輪は“心のデフレ”からの脱却

20150129m-2

●ゲスト:猪瀬直樹(いのせ・なおき) 1946年生まれ、長野県出身。87年「ミカドの肖像」で第18回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。02年6月末、小泉純一郎総理(当時)より道路公団民営化委員に任命。07年6月、東京都副知事に任命。12年に東京都知事に就任。13年12月に徳洲会からの資金提供問題を受け、都知事を辞任。14年11月、初の私小説風作品となる、亡き妻・猪瀬ゆり子氏との思い出を中心につづった「さようならと言ってなかった わが愛 わが罪」を上梓した。

 東京オリンピック・パラリンピックの開催を決めた立て役者の一人、猪瀬直樹前東京都知事。そのさまざまな功績とは裏腹に徳洲会からの現金授受問題を受け13年末に都知事を辞任した。約1年の沈黙を経て作家として再始動した猪瀬氏に天才テリーが招致活動秘話や事件の真実に斬り込んだ!

テリー 東京都知事が舛添(要一)さんに代わってから、都内のオリンピック用施設3会場の建築を中止するとか、東京オリンピック・パラリンピックを巡る取り組みが縮小方向に行ってますよね。

猪瀬 いえ、基本的にはIOC(国際オリンピック委員会)との話し合いで全て計画が進むわけで、五輪のコンセプト自体は何も変わっていませんからね。サッカーはもともと、地方で開催することになっていたし。

テリー 五輪招致に成功したのは、猪瀬さんの都知事としての功績ですよね。

猪瀬 招致しようと決めた頃、みんな暗かったんです。麻生(太郎)さんが総理大臣の時にリーマン・ショックで経済がガタガタになり、民主党政権になって宇宙人の鳩山(由紀夫)さんで「アレッ」という感じになり、菅(直人)さんの時に3・11があり‥‥、「日本はもうダメだ」みたいな雰囲気が蔓延していました。

テリー それを何とかしようと。

猪瀬 6、7年後に目標を設定して、3・11からの復興も考え、「心のデフレ」を取り払おうということで東京オリンピックをやろうと決めたんです。

テリー 猪瀬さんは当時から「心のデフレ」という言葉をよく言ってましたね。

猪瀬 気持ちがどんどんと暗くなるような方向に行かないで、まずは希望を持とうよっていうことね。

テリー 最後のアルゼンチンでのプレゼンテーションは非常に話題になりましたよね。滝川クリステルさんの「お・も・て・な・し」の印象が特に強くて。

猪瀬 あのプレゼンに必要だったことは、あらためて「日本のいいところを見つけること」だったんですよね。みんな「日本はダメだ、ダメだ」って言うけど「探せばいいところもあるじゃない」っていう。例えばお財布を落としても戻ってくるし、タクシーの運転手さんも優しい。住所を言えば、ナビで簡単に目的地に着けるし。降りる時も「お忘れものはないですか」とか、親切だからね。

テリー まさに「おもてなし」ですね。

猪瀬 そう。日本はチップを渡さなくても店員が「ありがとうございます」と伝える。食べ物もおいしい国だし、そういうものも含めて、日本のいいところを再び意識化したというかね。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「東京五輪までに逮捕される」ヤバイ芸能人リスト(2)売れっ子俳優Tにまつわる物騒な目撃情報
2
深田恭子「“37歳”新・むっちりボディ」の秘密をバラす(1)バストサイズがボリュームアップ
3
“チクポチ”まで披露!?森香澄「胸揺れダンス」の過激化が止まらない!
4
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
5
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!