社会

南雲吉則医師も実践!「1分間の冷水シャワー」で体が若返り、寿命が延びる!?

20150125reisui

 寒中水泳をはじめとして、冷水を浴びると健康になると言われている。これは科学的にも証明ずみだそうだが、具体的にどんなふうに行うのか。

 ロシアでは真冬に健康づくりのため寒中水泳を愛好する人は150万人おり、「モルシ」(ロシア語でセイウチ)と呼ばれているという。ジャーナリストの笹川伸雄氏が言う。

「ロシア正教では1月6日の祭日『公現祭』に氷水に飛び込む風習がある。寒中の川に投げられた十字架を取り合う祭りもあります」

 寒中水泳の健康効果は世界で認められており、ロシア以外にも世界各地で行われている。ロシアの寒中水泳愛好クラブ代表者(78)は、こう話している。

「氷のような水に入ると人体の免疫力が3~5倍に高まるという実験結果があるのです」

 寒中水泳の効果はわかっていても、実行するのはハードルが高い。そこで代わるのが冷水浴だ。50代にして30代の若さを持つ南雲吉則医師も寒中水泳の効果を認め、自らも冷水シャワーを実践。自著「20歳若く見えるために私が実践している100の習慣」(中経出版)でその効能をこうつづったものだ。

〈体内の毒素を排出、浄化するデトックス効果があり代謝がよくなるので若返りの効果がある。そして抵抗力がアップし風邪が引きにくくなる〉

 慣れるまでは湯上りに冷水を浴びる、あるいはシャワーをお湯からだんだん冷たくしていって最後に冷水にする方法から始めるといいだろう。冷水浴は1分ほどで十分。続ければ体が若返り寿命も延びる!?

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?
2
日テレ水卜麻美、ブラウスから色白“Eバスト”こぼれ出た「早朝大サービス」!
3
剛力彩芽、旅の宿で「あわや放送事故」な“ショーパン奥見え”で好感度急騰!
4
「Gバスト」寺本莉緒のカレンダーに「ハライチ岩井がうらやましい」嫉妬の嵐!
5
芳根京子、「ベッドでの“事後”で見せた貴重なバスト渓谷」にファンがクギ付け!