社会

渡辺正行が「うつ病」告白、いま40代、50代に異常が起きている!

20150125watanabe

 タレントの渡辺正行が今月6日、「解決!ナイナイアンサー」(日本テレビ系)に出演した際、約8年前の50歳頃、更年期障害によるうつ病を患っていたことを明かして話題になった。

 番組の中で渡辺は、かつてうつ病だったことを告白したマルシアの当時の様子を再現したVTRを見ながら、「俺も昔うつになったことがある」と涙を流しながら突然切り出し、当時の症状をこう語り出した。

「50歳くらいのとき、舞台をやってて。今まで感じたことのない、血が逆流するくらいに上がっちゃって。初日だからかなぁと思っていたら(それが)2日目も3日目も‥‥」

 後日、渡辺が医師に相談したところ、男性更年期障害によるうつ病であると診断され、薬を服用して今は完治したという。

 男性更年期障害によるうつといえば、吉田拓郎や漫画家の故・はらたいらも患ったことで一般的に知られるようになった。40代半ばを過ぎた頃から発症するケースが多く、倦怠感、不眠、発汗異常、感覚異常、性欲減退といった女性の「更年期障害」とよく似た“不定愁訴”を感じ、不調を訴え始める。とくに「うつ病」は仕事面での不便が生じ、休職もやむを得ない事態になるのだ。

 女性の更年期障害が、閉経前後の女性ホルモンの低下が原因であるように、男性も同じく男性ホルモンである「テストステロン」の分泌量の減少が原因。その場合、投薬によるテストステロンの補充と併せて、漢方などで治療を行うのが一般的だ。しかし、薬の役割は2割程度。ほかにもカウンセリングなどの心理的な面からのアプローチも重要となる。

 実は昨今、このテストステロンの分泌量に異常が起きている。通常は20代をピークに徐々に減少していくのだが、近年の40~50代男性のテストステロン分泌量は、60~70代のそれを下回っているという報告があるのだ。この最大の原因は「ストレス」だという。

「40~50代の男性といえば会社でも重責を負わされる立場。それによって交感神経優位な状態が続いて、精巣からテストステロンが分泌しなくなってしまうのです。また、家庭では奥さんや子供とのすれ違いで疎外感や孤独感を感じてくるなど、気づかぬうちに多くのストレスを溜め込んでいるんです」(健康雑誌ライター)

 本来、テストステロンの分泌は副交感神経に支配されていて、自分が「楽しい」と感じることを行っているときに優位に働く。そのためには没頭できる趣味を見つけたり、軽い運動で気分転換するなどし、副交感神経が働く状態に持って行くことが、男性更年期症状の解消には大切なのだ。

「自分には趣味がなくて‥‥」と嘆く仕事一筋の中高年が多い一方、週末は大自然の中で遊ぶという人も増えている。今年はなにか新しい趣味を見つけてみてはいかがだろうか?

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」米倉涼子の降板説で飛び交う“2代目大門未知子”仰天候補
2
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
3
水川あさみと年下イケメン俳優の「同棲交際」、3年以上前から始まっていた!?
4
“幻の”ローカル路線バス乗り継ぎの旅を再放送!太川陽介が音を上げた理由は!?
5
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃