社会

海上自衛隊護衛艦“まきなみ”で起きた男女の危ない関係(2)海自の女性は同僚からモテる

20141126logo

 舞台となった「まきなみ」の性能を軍事ジャーナリストが解説する。

「対空、対艦、対潜水艦能力を備えた汎用護衛艦です。ステルス性能、電子戦能力も持っています。第4世代に分類され、最新鋭の『あきづき型』の1世代前になりますが、その戦闘能力はかなり高い。多くの武器や兵員を積むことから大型の艦となっています」

 今回の処分はA氏、Bさんの経歴に書き込まれ、自衛官であるかぎり常に不利益となる。そのため「懲戒」を受けたほとんどの隊員が自衛隊を辞めてしまうという。

「作戦航海中に任務を離れたこともあり、処分は当然でしょう。重大な規定違反ですから」(海自隊員)

 そもそも日本では「海」を女性と捉えてきた文化がある。船に女性を乗せると海がヤキモチを焼いて荒れると考えられていて、「船」は男の世界だった。

「女性隊員を乗せるにはある程度の大きさが必要だという現実的な問題もあります。居住区画、トイレ、風呂なども男女用に作らなければなりません。『まきなみ』もそういう構造になっています」(軍事ジャーナリスト)

 13年には海上自衛隊で練習艦とはいえ初の女性艦長が誕生。海自では女性隊員を積極的に現場で登用するようになっている。この流れが、今回の異例の発表につながったというのは、自衛隊の実情に詳しいジャーナリストの秋山謙一郎氏だ。

「男女が同じ艦に乗るような時代になったのに、このような事件が多発してはたまりません。幕僚側としては、あえて発表まですることで、今後このようなことが起こらないよう内部を引き締める狙いがあってのことだと思います」

 一方で、秋山氏のもとには一般社会の中間管理職に当たる40代の下士官から多くの声が寄せられているという。それは次のようなものだ。

「どうしても女性のほうが少ないので、とにかくモテる。だから勘違いする女性隊員は多い。今回のようなことも実は頻発していますよ。女性隊員の中には、出航して帰ってきたら妊娠が発覚したけど、誰の子供かわからないということもあったくらい」

 若い隊員の「性」までは管理できないこともあり、多くの40代下士官たちは、

「男女を同じ艦に乗せるのではなく、女性と男性で分けてほしい」

 という声を強めているという。

「女性・男性という性差で選ぶのではなく、あくまで『人間』の資質や実力、能力で選ぶ時代が来たと考えるべきでしょう」(秋山氏)

 国防の最前線にいる隊員は、常にその“資質”が問われていることを自覚するべきだろう。

カテゴリー: 社会   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!
5
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!