芸能

「セントフォース美女アナ軍団」お色気解禁の戦略とは?(4)「news every.」で気になるあの女子アナ

20141126logo

 報道番組「news every.」(日テレ系)でキャスターを務める伊藤綾子(34)も、現場ではお色気オーラを放っている。日本テレビ関係者が証言する。

「テレビではわかりづらいが、とにかく胸の形がキレイと評判。真ん丸に程よく張ったバストは、趣味のフラメンコを10年以上続けた成果でしょう。夕方の収録が終わると駆け足でフラメンコ教室に向かう。プルンプルンと上下左右に跳ねる伊藤のバスト見たさに、局の廊下で待ち伏せするスタッフがいたほど」

 ボディだけではない。伊藤はプロ意識の高さでも知られている。収録前、スタッフに対してこう詰め寄る場面が目撃されていた。

「これビーズですか? それともビーズ? 今すぐレコード会社に確認して!」

 アーティストB’zの発音について、アクセントを「ビ」につけるか、平坦に読むか確認していたのだ。

「女子アナでB’zのアクセントを気にするのは伊藤さんくらい。『自分の言葉でニュースを読みたい』が口癖で、ディレクターにも『ねえ、この原稿なんだけど‥‥』と肩を寄せて相談する姿はまるでオトナの関係を迫っているようで色っぽい」(日テレ関係者)

 ルックスや色気だけで生き残れるほど、女子アナの世界は甘くないのだ。

「セント・フォースは自社でアナウンス講習会を主催するなど、育成ノウハウを持っているのが強み。ミスコン優勝者など目ぼしい人材を大学生の時から系列の事務所に在籍させ、経験を積ませながら一流のアナウンサーに育てる。民放各局の信頼も厚い」(芸能関係者)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり【2024年6月BEST】
4
吉沢京子「芦屋夫人」を捨てた離婚と「中村勘三郎との6年愛」仰天告白/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった