芸能

アレが弱かった…「アイドリング!!!」がアイドルレースから脱落した理由

20150306idoling

 結成9年にしてアイドルグループ「アイドリング!!!」の解散が報じられた。

 一部スポーツ紙が先行した解散記事に対し、同グループの統括プロデューサー・神原孝氏はフジテレビ公式サイトで、〈昨年末より番組及びグループ活動の終了の話が現実味を帯びてきたのは事実です〉とコメント。そのうえで、

〈しかし、終了時期とそこに向けた展開は、今年2月に入り、ようやく関係各所との協議・調整に入ったところで、具体的な内容は確定しておらず、まだ正式に発表できる段階ではありません〉

〈もっと“アイドリング!!!らしい”壮大な発表の企画を準備していた〉

〈全て水の泡となったことが残念でなりません〉

 と恨み節を綴った。

 現在、バラエティ番組を中心に活躍する元メンバーの菊地亜美(24)や女優の森田涼花(22)らを輩出したアイドリングは、「現在進行形で成長するアイドル」をコンセプトに06年10月、9人で結成された。

「『フジテレビ721』のテレビ番組から誕生し、所属レーベルはポニーキャニオン。現在もフジテレビで冠番組を持つなど、要はフジというテレビ局が主導で作られたアイドルグループで、そういう意味ではかつての『おニャン子クラブ』に近い存在ではないでしょうか」(アイドル誌ライター)

 一時期は「AKB48」や「ももいろクローバーZ」、「モーニング娘。」などと並び称されるほどの人気を集めて、09年にはAKB48とのコラボレーションユニット「AKBアイドリング!!!」も結成され、それぞれのメンバーが互いの冠番組「アイドリング!!!」(フジ系)と「AKBINGO!」(日本テレビ系)にゲスト出演するなど、交流を深めた。

 だがその後、アイドリングはメンバーの増員を繰り返すも人気面では伸び悩み、ついに結成9年にして解散が現実味を帯びてきたのだ。

 熾烈なアイドルレースから脱落する理由を前出のアイドル誌ライターはこう分析する。

「AKBしかり、ももクロしかり、完成された姿を見せるのではなく、“成長過程を見せる”というコンセプト自体は今の時代のアイドル戦略としては正しかったとは思うのですが、そのぶん裏方の技量が試される。そういう面でアイドリングは、AKBやももクロに比べると、メンバーの成長過程を見せるという部分が弱かったのかなと思います。それぞれのメンバーは個性も強く、素材は悪くなかったんですけどね。それに、テレビ局主導というのも諸刃の剣ですよね。冠番組を持てる反面、他局での扱いはどうしても悪くなるし、他媒体との兼ね合いも出てくる。テレビの影響力が昔ほど強くない今では、デメリットも大きかったのではないでしょうか」

 解散に関する企画を準備する以前に、グループを盛り上げる壮大な企画を準備した方が良かったのでは!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故