芸能

西内まりやに缶バッジをもらった「キスマイ」玉森裕太が見せた“アイドル魂”

20150316tama

 3月25日に13枚目のシングル「Kiss魂」を発売する「Kis-My-Ft2」。その中心メンバーである玉森裕太は、今年秋公開の「レインツリーの国」で映画初主演を務める。

「共演の西内まりやさんが、皆の仲を深めようと、自分が大好きなイラストレーター・山本尚樹さんの缶バッジを主要キャストに配ったんです。玉森くんはかなり気に入ったようでそれをバッグに付け、キスマイメンバーにも配ったそうですよ。ただ、西内さんと同じ物を付けてファンに誤解されると良くないという理由で、他の仕事の時は外しています。あくまでもファン第一なんです。キスマイの曲は『Kiss魂』『Thank youじゃん!』『アイノビート』など、正直カッコよくないタイトルが多いですが、玉森くんは『ストレートなことはダサい。でもダサいと思われることを一生懸命やるのがアイドル』と言っていました」(芸能関係者)

 母親が山下智久のファンだったことからジャニーズ入りした玉森。当初は母の気持ちが分からなかったが、実際に山下に会った時、「王子様だ!」と思ったという。

 また、玉森と共に人気なのが藤ヶ谷太輔だ。芸能関係者が続ける。

「彼はジャニーズのオーディションの際、芸能界に興味がないうえ、文化祭の打ち上げがあるので早く帰りたかったそうです。結果は不合格。喜んで『番号の札、どこに返せばいいですか?』とスタッフに声を掛けたところ、それがジャニー喜多川社長で、『初日に僕に話しかけるなんて』と気に入られ、合格しました。キスマイはローラースケートを履いて『光GENJI』と同じようなスタイルですが、藤ヶ谷くんの誕生日の1987年6月25日は『光GENJI』の結成日。彼は後でそれを知って運命を感じたそうですよ」

 玉森は無名の頃に初めてファンから手紙をもらったこと、藤ヶ谷はバックで参加した嵐のコンサートでファンに「ありがとう」と泣かれたことが、今の仕事を本気でやると決めた時だったという。長い下積みを経て活躍する彼らのこれからに期待したい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
柴咲コウ&吉高由里子に惨敗!「荷が重すぎた」新木優子の「ガリレオ」演技
3
関口宏をガン無視!浜口京子が「サンデーモーニング」をブチ壊した「あっぱれ!」絶叫連呼
4
プーチン「暗殺」覚悟のイラン訪問で待ち受けるロシア「勝利宣言」悪夢の結末
5
「やめてーー!」足立梨花が「正面・バック・女性上位」ハメ映像漏洩に大絶叫