芸能

離婚発表したスザンヌ参戦で、芸能界“バツイチ枠”は大荒れに!?

20150318suzanne

 タレントのスザンヌが3月17日、元ソフトバンクの投手で野球解説者の斉藤和巳氏と離婚したことを発表した。

 二人は2011年に結婚。昨年1月に第1子となる長男が誕生し、スザンヌのブログにも3人での家族旅行の写真を載せるなど、幸せな様子をたびたび公開していた。しかし、昨年7月を最後に斉藤の姿が現れなくなると、ファンの間ではにわかに「離婚危機」が囁かれ始めていた。

 ブログでは、離婚の原因を福岡と東京での「すれ違いの生活」、育児に追われて「いっぱいいっぱい」になってしまったことをあげ、斉藤に対して思いやりを持つことができていなかったともコメントしている。

 しかし、斉藤の女性遍歴を紐解けば、「またやったか‥‥」という声も聞こえてくる。芸能記者が話す。

「一般女性との離婚歴のある斉藤は、中洲でも有名な遊び人。女癖が悪く、女子プロゴルファー・上田桃子との不倫疑惑も一部で報じられています。以降、別居説も噂され、離婚も時間の問題と言われていました」

 今回の離婚を機に、スザンヌは福岡から東京へ再び生活の拠点を移し、シングルマザーとして芸能活動に精を出すことになりそうだ。とはいえ、スザンヌにそのポストはあるのだろうか。

「おバカブームも去り、後ろ盾だった島田紳助もいなくなった今の芸能界で、スザンヌが以前のように輝くのは難しいでしょう。居場所があるとすれば“バツイチ枠”でしょうが、西川史子、千秋など数人が活躍するのみの狭き門で、この先は高橋ジョージに三行半をつけた三船美佳も控えている。個性派揃いの中に潜り込むタレント性が今のスザンヌにあるかどうか。ただし、離婚を機に上手にキャラ変更できれば、芸能界のバツイチ枠は大荒れして面白くなるのでは」(前出・芸能記者)

 スザンヌの今後の展開に注目したい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”