社会

新幹線よりも席が広い!? 軽自動車が欲しくなる5つの理由

20150403kei

 本田がオープンタイプの軽自動車スポーツカー「S660」を発表、軽自動車とは思えない軽快なハンドリングに注目が集まっている。

 ほかにも軽自動車では最近、ホンダ「N-BOX」やダイハツ「ウェイク」、スズキ「ハスラー」などスタイリングで人気のモデルが増えてきた。維持費が安く、駐車スペースも小さくて運転しやすいと人気の軽自動車。そんな「軽」がますます欲しくなる理由を探ってみた。

【維持費が安い】

 最も注目されるのはやはり、割安な維持費だろう。まず自動車税は普通自動車の年間3万9500円に対し、軽は年間1万800円とほぼ4分の1で済む。また自賠責保険や任意保険も、年間数千円程度だが軽のほうが安いのだ。そして意外に見逃せないのが駐車場代。不動産屋の情報を見ていると「軽限定」の駐車場があることに気が付くはずだ。東京23区では月額3万円の駐車場に1枠だけ軽のスペースがあり、そこだけ2万円という実例もある。

【意外に広い室内】

 全幅が1480ミリ以内の軽自動車だが、「大人4人が遠出でレジャーに出かけられるクルマ」を目指したダイハツ「ウェイク」では、1345ミリの室内幅を確保。これは国内ベストセラーのトヨタ「アクア」に比べてもたった50ミリしか違わないのだ! ウェイクの後部座席では1人672ミリの横幅が確保されており、これは新幹線グリーン車の480ミリを大きく上回る数字。もちろん肘掛けの有無など単純な比較はできないが、少なくても“軽は狭い”という先入観は捨てたほうがいいかもしれない。

【高速道路も得意】

 小さなエンジンをぶん回して走るイメージの軽自動車だが、前述のダイハツ「ウェイク」だと、時速100キロでのエンジン回転数は2300rpm程度。これはひと昔前の普通自動車と変わらないレベルである。しかも最近の軽では遮音材を多用するなど防音もバッチリ。高速道路では運転席と後部座席で会話ができないなんて話は、もはや昔話に過ぎないと言える。

【狭い道は都心に限らない!?】

 都心の住宅地では、最大幅の制限を表わす道路標識に出くわすことも少なくない。これが「1.5m」だったりすると、軽自動車しか通れないなんてケースも。実はこの標識、田舎道にもけっこうあったりするのだ。たとえば田畑の畦道を舗装した生活道路や、川の堤防に設けられた道路などでよく見られる。初めて訪れる観光地で抜け道を探していたら、軽自動車でしか抜けられない幅の道に出くわすこともありそうだ。

【駐車スペースに困らない】

 休日に郊外の大型ショッピングモールに出かけるのは、都心に住む家族の典型的なマイカー利用シーンだ。だが駐車場は大渋滞。せっかく見つけた空きスペースには「軽専用」の文字が! 実際、軽専用の駐車スペースは珍しくなく、ときには都心のコインパーキングで見かけることすらある。都心でも郊外でも、軽の小ささは大きくものを言うのである。

 以上、軽自動車が欲しくなるポイントを5つ挙げてみた。いかにも自分に当てハマりそうだと思ったらさっそく、軽自動車のカタログをチェックしてみるのも面白そうだ。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ヤクルト・高津臣吾監督が頭を悩ます山田哲人「年俸5億円の大スランプ」と「三塁コンバート」
2
ロッテ・佐々木朗希「日本ハムに3対1の電撃トレード」謎の投稿が激論に!【2024年5月BEST】
3
【不可解】メッツ・藤浪晋太郎バッチリ投げているのに「60日間の負傷者リスト入り」の手切れ金放出
4
アメリカで今も大真面目に議論される「知的生物ヒト型爬虫類」が人間をマインドコントロール説
5
JR「青春18きっぷ」に異常事態!夏の発売が危うい「リミット」は6月20日