芸能

山下智久の「アルジャーノン」が酷評の嵐であの俳優が再評価!?

20150420yamashita

 山下智久主演の「アルジャーノンに花束を」(TBS系)が今月10日からスタートしている。しかし放送終了後、ネットでは「演技が酷すぎる」「台詞に抑揚がなく、何も伝わってこない」など厳しいコメントが殺到した。山下は10代の頃からその端正な顔立ちでファンを魅了し、ドラマ・映画と活躍してきたが、彼に浴びせられる批判についてあるテレビ雑誌記者は語る。

「山下は演技の際、表情のバリエーションが乏しいのが弱点です。ドラマ『クロサギ』(TBS系)のような、クールで陰のある役柄ならば誤魔化せましたが、個性的な演技が必要とされる作品ではその振り幅に限界が見えてしまう。新境地を予感させた『野ブタ。をプロデュース』(日本テレビ系)でも、結局『池袋ウエストゲートパーク』(TBS系)での窪塚洋介の演技をそのまま模倣したかのような言動で、一部視聴者からは批判された過去もあります」

 そして今回の「アルジャーノンに花束を」に対する辛辣なコメントの中でも、特に多いのが2002年にフジテレビ系で放送されていた過去作と比べ「演技、作品共にユースケ・サンタマリア版の方がよかった」という声だ。

「2015年版の放送によって、ユースケ主演の旧作評価が高まっていますが、山下を叩くための材料として使っている人も多い。ユースケ版は当時、2話目にして視聴率が1ケタに落ち込み、演技もそれほど絶賛されているというわけではなかった。13年も前のドラマですから、今は視聴者の頭の中で美化されているのかもしれません。とはいえ、これだけユースケに絶賛の声が集まれば今後、彼の主演ドラマの企画が持ち上がる可能性もある。ユースケはここ数年ドラマで主演はしていませんから、もし決まれば彼が山下に感謝することになるのでは(笑)」(前出・テレビ誌記者)

 まさか山下のおかげで演技が再評価されるとは、ユースケ本人も想像していなかった!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
すみれがスカート奥見せ!太川&蛭子も暴走「旅バラ」再放送の注目ポイント
2
のん“一日署長”姿がすっかり下ネタ扱い…「完全復帰」が実現しない残念現象
3
フジ渡邊渚、「柔らかそう!」絶賛の“Gバスト”爆揺れダンス生披露
4
大橋未歩の離婚&再婚に「介護してくれた旦那をよく捨てられたな」の大合唱
5
河北麻友子、ペアルック写真公開もネット民「違和感とツッコミ」の声のワケ!