芸能

堺雅人「ドラマ視聴率低下」は“人気の終わり”を象徴するのか!?

20150420sakai

 4月15日スタートの主演ドラマ「Dr.倫太郎」(日本テレビ系)第1話の視聴率は13.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。あの2013年の大ヒット作「半沢直樹」(TBS系)の熱狂ぶりがウソのような数字である。

 思えば「半沢バブル」で、堺雅人(41)の人気と知名度は飛躍的に上昇。ビールや携帯電話などのCMにも次々と出演し、テレビ画面で見ない日はないほどの状態だった。

 ビデオリサーチの「テレビタレントイメージ調査」によると、2014年2月度の「男性タレント人気度上位50」で、堺は阿部寛、明石家さんま、福山雅治に続く4位にランキング。まさに「半沢バブル」真っ只中である。それが2014年8月度では20位に下がり、今年2月度の調査ではさらに29位にランクダウンしている。これは主演ドラマの視聴率ともども、堺がいよいよ凋落の一途を‥‥という未来を暗示しているのか。

「いや、異常だった人気が順当なところに落ち着いてきたということでしょう」

 と話すのは、広告代理店スタッフである。

「というのも、2015年2月度のテレビCM放送回数ランキングを見ると、堺は関東地区で出演CMの総放送回数が1281回で9位、関西地区では1185回で8位と、いずれもトップ10入りの露出度。スポンサーにとっては、安定して企業イメージに寄与する優良タレントだということに変わりはない。今後も、必ずしも視聴率や人気ランキングとは直接リンクするわけではなく、『順当なCM起用』が期待できるのではないですか」

 堺には、来年のNHK大河ドラマ「真田丸」主演という大仕事も待っている。

「そこでまたプチ堺ブームがくるかも。それなりの人気とイメージと露出度を持つ、中庸な存在感を維持していくことでしょう」(スポーツ紙デスク)

 あのルックス、たたずまいのごとく、堅実に生き残っていきそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
バス旅お蔵入り回がついに放送!「封印」された理由は“2つのルール破り”か!?
2
岡副麻希、チラっと見えショットに「アンダーウェアかインナーか!?」議論勃発
3
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
4
深田恭子、多部未華子と永野芽郁との「ホロ酔い姿」公開!一番艶っぽいのは誰?
5
永島優美、仕事とプライベートの充実ぶりで隠しきれない爆裂バストの“張り”