芸能

堺雅人「ドラマ視聴率低下」は“人気の終わり”を象徴するのか!?

20150420sakai

 4月15日スタートの主演ドラマ「Dr.倫太郎」(日本テレビ系)第1話の視聴率は13.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。あの2013年の大ヒット作「半沢直樹」(TBS系)の熱狂ぶりがウソのような数字である。

 思えば「半沢バブル」で、堺雅人(41)の人気と知名度は飛躍的に上昇。ビールや携帯電話などのCMにも次々と出演し、テレビ画面で見ない日はないほどの状態だった。

 ビデオリサーチの「テレビタレントイメージ調査」によると、2014年2月度の「男性タレント人気度上位50」で、堺は阿部寛、明石家さんま、福山雅治に続く4位にランキング。まさに「半沢バブル」真っ只中である。それが2014年8月度では20位に下がり、今年2月度の調査ではさらに29位にランクダウンしている。これは主演ドラマの視聴率ともども、堺がいよいよ凋落の一途を‥‥という未来を暗示しているのか。

「いや、異常だった人気が順当なところに落ち着いてきたということでしょう」

 と話すのは、広告代理店スタッフである。

「というのも、2015年2月度のテレビCM放送回数ランキングを見ると、堺は関東地区で出演CMの総放送回数が1281回で9位、関西地区では1185回で8位と、いずれもトップ10入りの露出度。スポンサーにとっては、安定して企業イメージに寄与する優良タレントだということに変わりはない。今後も、必ずしも視聴率や人気ランキングとは直接リンクするわけではなく、『順当なCM起用』が期待できるのではないですか」

 堺には、来年のNHK大河ドラマ「真田丸」主演という大仕事も待っている。

「そこでまたプチ堺ブームがくるかも。それなりの人気とイメージと露出度を持つ、中庸な存在感を維持していくことでしょう」(スポーツ紙デスク)

 あのルックス、たたずまいのごとく、堅実に生き残っていきそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石田ゆり子、予想以上に立派な体の部位にファン騒然!完熟ボディの“秘密”か
2
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
3
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”
4
「人気急騰」明日海りお、宝塚ファンから聞こえてきた男役時代の“意外な評判”
5
加藤綾子、明石家さんまが明らかにした“多忙は関係ナシ”の超肉食オトコ選び