芸能

芸能界「映像の黒歴史」(4)松浦亜弥の“リメイク”を思い出したら許さんぜよ!

20150425kurorekishi_d

 実に18年ぶり、4代目「麻宮サキ」が誕生したのは06年のこと。かつて斉藤由貴、南野陽子、浅香唯がトップアイドルにはばたいた黄金の役である。その後もリメイクの機運が高まっては頓挫し、原作者の和田慎二が「あややなら」と許可したため、ようやく復活の運びとなったのだ。

 そして「スケバン刑事」といえばワキも魅力で、浅香には大西結花、中村由真が「風間三姉妹」として人気を博す。当然、ハロプロとしても抜かりはなく、敵役としてボンテージに身を包んだ石川梨華を配する。そこまでは良かったが、すでにあやや人気のピークも過ぎたあと。前評判は高かったが、興行成績は芳しくなかった。

「期待していた若者層は少なく、あややの制服姿に期待したオジサンたちがチラホラいた程度。その少ない観客にしても、あまりに安易なCG多用のアクションや、平板なシナリオに失笑が漏れていました。それでもカンヌ映画祭に出品する戦略は、冷や汗ものでした」(映画ライター)

 作品の出来もさることながら、異様なまでに一部マスコミ、特に男性週刊誌に対してスチールすらも貸し出さない傲慢さが反感を買った。

「ベッドシーンの1つもあるわけでなし、何ゆえあそこまでマスコミ規制したのか理解に苦しみましたね」(週刊誌デスク)

 これ以降、あややに映画オファーはなく、イェ~イ、めっちゃハズレ! となった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
磯山さやか“ダイエット成功”で気になるバストのサイズ
2
石川佳純、ジャージ着用でバスト隠しに「残念!」の声続々
3
木下優樹菜、ついにバレた!?“オンナ版・渡部建”な乱倫素顔(上)
4
胸がチャイナドレスを突き破りそう!夏菜のバストショットが艶っぽすぎるッ
5
夏菜の最新ショットが艶すぎる!「胸のふくらみが特に強調」姿に熱視線