芸能

芸能界「映像の黒歴史」(7)浜崎あゆみの「ラッパー&アイドル」時代

20150427kurorekishi_g

 カリスマ歌姫・浜崎あゆみの歌手としての黒歴史といえば、95年にAYUMI featuring DOHZI-T & DJ BASS」名義で、彼女がつたないラップを披露した「NOTHING FROM NOTHING」になるのかもしれない。前年にリリースされた大ヒット曲「DA.YO.NE」の後追いをして、壮絶に爆死したものだった。

 一方、映像の黒歴史といえば、トップスターに君臨する前に「浜崎くるみ」としてアイドル活動をしていた下積み時代にさかのぼる。仕事なんて選んでいられなかった17歳当時に出演したVシネが、「麗霆子 レディース 総長最後の日」だ。

「主演・渡辺美奈代を差し置いてパケ写を飾った浜崎の役どころは、レディースに入る不良少女役。しかも、片親である母親の恋人に襲われたことをきっかけにグレるという体当たり演技でした」(お宝誌ライター)

 映像をプレイバックすると、自分の部屋にやってきた男にベタベタと体を触られる浜崎。それを拒むと突然、ビンタし馬乗り状態で首を絞められ、服を破られる。素肌があらわになると、「やめろよっ!」と叫びながら必死に抵抗するが、彼女のカラダの中でついて男は果て、浜崎はベッドの上で背中から肩にかけて肌を露出してまま放心状態に陥ってしまう──。

「ほかにも、持田真樹主演の映画『すももももも』に出演した際には、父親役が蛭子能収だったり、野島伸司ドラマ『未成年』で妊娠に悩む女子高生を演じたりと、今とのギャップが大きすぎるアイドル時代でした」(前出・芸能ライター)

 もし浜崎本人がこの頃を振り返ったとしたら、「あゆ苦労したんDA.YO.NE~」と言うのだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
2
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
3
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
4
「過保護のカホコ」高畑充希、番宣であの大御所に触られまくり視聴者ドン引き
5
芸能男女がひた隠す「積年遺恨」18ラウンド(4)柳葉敏郎は酒癖の悪さが災いして…