芸能

女子アナ18人の体を張った“大胆言動”を大量放出!(5)TBSで赤丸急上昇中なのは…

20150507_14jj

 TBSで赤丸急上昇中なのは、入社2年目の宇垣美里アナ(24)。「未来のエース」と期待されたが、入社1カ月でテレ朝の草薙和輝アナ(24)との熱愛が発覚。名誉挽回とばかりに体を張って巻き返しを図る。

 ニュース番組の「はやチャン!」で恵方巻きの話題になると、みずからエアで食べるポーズを披露。上目遣いでほおばるそぶりで、男性視聴者の期待に応えた。

 休日は趣味の乗馬で息抜き。そこでも妙なフェロモンを醸しているという。

「馬から下りたあと、顔が赤くなっているんです。騎乗で行為中のあの動きみたいに下半身を刺激されて興奮したのか‥‥」(TBS局員)

 レギュラー番組5本の吉田明世アナ(27)は、プライベートでこんなエロ場面を目撃されている。

「本命と見られる男性と虎ノ門にあるバーで、肩にしなだれかかったり、ボディタッチしたり。積極的にアプローチしていました」(スポーツ紙デスク)

 一方、コスプレ七変化を見せるのは、江藤愛アナ(29)。出演する「TBSチャンネル」は妄想イメクラ番組と化している。

「清楚なイメージとのギャップに萌えます。バドミントンのユニホームを着た回は、浮き出た美乳とミニスカからの生足がそそりました」(丸山氏)

 他にもチアガールや野球のユニホームなどを着用。本人は「バスガイドがお気に入り」とコスプレ好きを自認しているようだ。

 古谷有実アナ(27)は、「NEWS23」のスポーツコーナーで、大胆なエロ行動で驚かせた。2月にプロ野球のキャンプで西武ライオンズの森友哉を取材。対面インタビュー後、太腿を測ることに。森が仁王立ちすると、その場でしゃがみ込む古谷アナ。目線のすぐ先には股間があり、いつアレが始まってもおかしくない危険な距離まで近づく。ネット上では森が勃起していると話題になったが、それも無理からぬ話だろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
前代未聞の「妨害工作」2連発!それでも「バスVS鉄道対決旅」に勝てない太川陽介のだらしなさ
3
元近鉄「317勝投手」の鈴木啓示が心底うらやましかった「セ・リーグの投手2人」の名前【2024年3月BEST】
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来