芸能

井上真央、「公開謝罪」より屈辱だった女優としての原点

20150512inoue

 NHK大河ドラマ「花燃ゆ」の低空飛行をめぐって、主演の井上真央(28)の周辺があわただしい。

「いろいろな問題がありますが、主演である以上、私の力不足ですとしか言えない」

 会見の場で、異例とも思える“主演女優の謝罪”に発展。この発言に視聴者からは「かわいそうだ」との声が上がり、発言を掲載したスポーツ紙にNHKが抗議するなど、火の手は広がるばかりだ。

 好感度の高さでは群を抜く井上だが、今回は女優生命の最大の危機なのか? これに対し、実は“逆境に強い”との声もある。

「子役時代の出世作だった『キッズ・ウォー』の出演中だった01年、実は死亡説が飛び交ったこともありました。いわゆる『あの人は今』ならいざしらず、売り出し中の子役としては異例のこと」(テレビライター)

 決めゼリフの「ざっけんなよ!」と叫びたい心境に違いないが、驚くのは92年の子役デビュー作。何と5歳にして「パトカーにはねられて死んでしまう役」というのを演じていた。これ以上ないくらいの屈辱の役どころが女優の原点だったのだ。

 そして子役を卒業後、ブレイクを果たしたのが初主演の「花より男子」(05年、TBS)の牧野つくし役。

「一部で有名ですが、当初はV6・岡田准一と上野樹里で『のだめカンタービレ』をオンエアするはずだった。ところがジャニーズ勢に難色を示した原作者の意向により頓挫。後に『のだめ~』はフジテレビで制作されますが、穴埋めとして白羽の矢が立ったのが『花より男子』だったのです」(アイドル評論家)

 近年のドラマ史に名を刻むラッキーガールとなってからちょうど10年、誰もが驚く「大逆転劇」が訪れるだろうか──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
磯山さやか、志村けんへの「追悼メッセージ」が絶賛を浴びたポイントとは?
2
ステージママ・工藤静香に業界関係者も懸念する娘姉妹プロデュースの“誤算”
3
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
4
妹よりタチが悪い?土屋炎伽が見せた“インテリなのにポンコツ”ぶり!
5
ナゼ!?志村けん死去で米津玄師「Lemon」MVのコメント欄が荒れるワケ