スポーツ

故三沢光晴メモリアルツアーで緊急来日した“スタン・ハンセン”を独占インタビュー!「三沢が亡くなったことは信じられない」

20150625i

 カウボーイハットにブルロープで会場狭しと暴れ回り一世を風靡した、“不沈艦”スタン・ハンセン。ウエスタン・ラリアットを武器に、猪木、馬場はもとより、天龍源一郎、三沢光晴とも死闘を繰り広げてきたのもいまだ記憶に新しい。そんなハンセンが三沢のメモリアルツアー参加のために緊急来日。そこで週刊アサヒ芸能がインタビューを敢行。現役時代から私生活まで全てを明かした。

── 今回は2009年6月13日に亡くなった三沢光晴さんのメモリアルツアーへの来日ですね。

ハンセン 三沢が亡くなったことはいまだに信じられない。三沢のことは若い頃から知っているが、状況の変化によって短期間でトップにならなければいけなかった。普通の人間だったら責任感、プレッシャーに潰されてしまったかもしれないが、彼はみごとにやり遂げたよ。

── 三沢さんは何度も叩きつけられながら、92年6月、ついにハンセンさんを倒して三冠王者になりました。

ハンセン 私は三沢にトップのポジションを譲るつもりはなかったから、彼を本気で叩きつけた。本当にトップに立ちたいなら、実力で上がってこいというのが私のスタンスだった。そして彼は何度も立ち上がり、しだいに私を越えるようになった。彼は実力と諦めない心で真のトップに立った。

── 三沢さんが設立したプロレスリング・ノアには初めての参加ですが、全日本プロレスで闘った懐かしい選手もいたでしょう。

ハンセン 私が主戦場にした全日本から分かれた団体だが、知っているメンバーは少なくなってしまったね。社長の田上(明)とは闘ったし、タッグも組んだ。副社長の丸藤(正道)はデビューしたばかりの新人だったな。あと、知っているのはヤングボーイだった小川(良成)ぐらいだよ。

── それこそ田上社長は新人時代、ハンセンさんのことが怖くて、いつもシリーズ中に対戦する試合数を数えていました(笑)

ハンセン (日本語で)ゴメンナサイ(笑)。でも田上は若い頃から強かったよ。

── 振り返ると、ハンセンさんの初来日は40年前の75年9月でした。当時の日本の印象はいかがでしたか?

ハンセン 当時はまだアメリカ本土からの直行便の飛行機がなくて、ホノルル経由で羽田空港に到着したんだ。羽田から銀座のホテルに向かうバスから見た景色は、映画で見たゴジラが破壊する街並みと同じで、すごくおもしろかった(笑)。当時の私は26歳の若さで、日本が初めての外国だったから、レフェリーのジョー樋口さんにお世話になった。ジョーさんはすばらしい人物だった。このことは絶対に書いておいてほしい。

── 今でこそ、日本食を何でも食べるハンセンさんですが、その当時は大丈夫だったんですか?

ハンセン 日本食を食べるようになったのは、82年に新日本から全日本に移籍してブルーザー・ブロディと一緒になってからだね。ブロディはハワイ出身で日本通のキング・イヤウケアというレスラーから日本食のおいしい店をたくさん教わっていて、そこに私を連れていってくれた。それで、私も日本食が好きになったんだ。刺身を克服するのには時間がかかったけど、今は毎朝、納豆を食べているよ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「おかあさんといっしょ」上原りさの「卒業」でパパたちの楽しみが消滅!?
2
高橋真麻、視聴者が絶賛した「ZOZO前澤氏ツイッター休止」への痛烈指摘!
3
ダレノガレ明美「ドナー登録呼びかけ」への批判が“特に厳しかった”理由
4
清水富美加と結婚させられそうになった!?大川隆法長男「独白」報道の衝撃
5
「四大陸選手権優勝」宇野昌磨、ファンをキュンキュンさせた「疲労困憊」画像!