芸能

反安倍陣営がもてはやす「制服向上委員会」って結局なに?

20150728seifuku

 7月21日発売の週刊朝日にて「自民党は器が小さいですよ」と語るなど、反自民党・反安倍の旗幟をますます鮮明にしている制服向上委員会。一部のマスコミからは、政治問題にも積極的に発言するアイドルグループとしてもてはやされているが、当のアイドル業界ではどのような位置づけなのだろうか。

「アイドル業界ではもはや、制服向上委員会をアイドルとして捉えている人はいないでしょうね。むしろ、同じ“アイドル”という括りで語られるのは迷惑だと感じている人も少なくないはずです」(アイドル誌ライター)

 この言葉を裏付けるように、毎日のように開催されている様々なアイドルフェスで、制服向上委員会の姿を見ることはない。彼女たちの活動は自分たちの主催イベントか、もしくは反原発系や反安保法案などのイベントに限られているのだ。

 そういった自主独立路線が決定的になったのは、2011年夏に巻き起こった「フジロック」を巡る騒動が原因のひとつだろう。これはフジロック出演が決まったと発表したものの、その後、スポンサー企業が脱原発の歌に反対したので出演できなくなったと表明。「ごめんなさい。そして悔しい」とのコメントでネットが炎上したものだ。

 当初はフジロック主催者やスポンサー企業を糾弾する声も多かったが、間もなく「そもそも出演の話なんて最初からなかったのでは」という疑問の声があがり始めた。フジロック主催者は一切のコメントを出さず、やがて制服向上委員会の代表者がフジロック関係者と支持者に向けての謝罪メッセージを発表するに至ったのである。

「この一件で制服向上委員会の運営は、アイドル業界や音楽業界の信用を失う結果となりました。日本最大級の音楽フェスであるフジロックを巻き込んでしまったことが、大きな痛手になったのです」(前出・アイドル誌ライター)

 そして現在では独自路線を貫いているわけだが、実は昔から反自民党だったわけでもない。2012年にはTPP反対を訴え、「野田・悪魔・TPP」という歌を発表。「公約ダメ 政策ダメ 内閣ダメ 全てダメ」と強烈な歌詞で民主党政権を糾弾していたこともあるのだ。

「結局、アイドルだと思って見るから異様に感じるだけで、似たような活動をしているバンドや劇団は珍しくありません。市民活動家が運営する“歌う女の子劇団”だと思えばシックリくるんじゃないでしょうか」(前出・アイドル誌ライター)

 安保法案が落ち着いたら、次は何に噛みつくのか、見ものである。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山田優、「バスト渓谷全開」ルームウェア紹介写真が妄想させる「夫婦生活」
2
芳根京子、「ベッドでの“事後”で見せた貴重なバスト渓谷」にファンがクギ付け!
3
貴重すぎた?「ドラゴン桜」“平手友梨奈の美脚砲”で高視聴率をキープ!
4
本田望結、隠し切れない胸の膨らみが招く?ジワジワ“アンチ”増加の嫉妬現象
5
かたせ梨乃、いとう・剛力との“幻のお風呂シーン”で生じた「夕食前の疑問」!