芸能

満島ひかり ドラマ「ど根性ガエル」大反響!“女優力”の源とは?

20150806b

「ひろし! いつまで寝てんだ!」。このダミ声の主は──放送中のドラマ「ど根性ガエル」(日本テレビ系)でピョン吉を演じる満島ひかり(29)。「声だけ出演」でも存在感を放ち、大反響となっている。その“女優力”の源泉には知られざる「ど根性人生」があった。

 まずは「ど根性──」の一場面を紹介したい。7月18日放送の第2話で、ヒロイン役の前田敦子に“着られる”満島。Tシャツの中からこう切り出したのだ。

「あんまり大きくならなかったね‥‥オッパイ!」

 前田の貧乳を茶化しても嫌味に聞こえないのは、平面ガエルになりきった、満島の力量だろう。

「ドラマとはいえ、ファンでも口にできないセリフをよくぞ言ってくれた。よっ! ど根性! と声援を送りたくなりました」

 とは芸能評論家の織田祐二氏。続けて満島の好演に、こう賛辞を贈る。

「アニメ版の千々松幸子さんの声に親しんだ世代としては、実写版に不安を感じていましたが、いざ観てみると、まったく違和感がない。そればかりか『はぁ~』や『あぁ』とか何気ない息遣いに、キュートな雰囲気がにじみ出ています」

 ドラマで前田のオッパイにツッコミを入れた満島だが、そんな彼女にも泣きどころはある。映画関係者が明かす。

「満島の前で『アイドル』はNGワード。決して口にしてはいけません」

 ある映画関連のパーティでの出来事。同じテーブルに着いたスポンサー関係者が満島に「10代からファンです」と告げたところ、不機嫌そうな顔つきで、

「あの時代はもう思い出したくないから‥‥」

 こうつぶやいたきり、押し黙ってしまったという。はたして、アイドル時代に何があったのか。

 満島がユニット「Folder」のメンバーとしてデビューしたのは97年。当時まだ11歳だった。芸能記者があとを引き取る。

「00年に5人組のユニットに改組。3枚目のシングルが劇場版アニメの主題歌に起用されてヒットしましたが、以降は鳴かず飛ばずで、わずか3年で活動を休止しました」

 当然、売れなければ冷や飯を食わされる。

「1グループ当たりの最低のギャラが15万円と言われていました。仮に15万円の給与をメンバー5人で割ると、取り分はわずか3万円。これではトラウマになりますよ。やがて、そんな薄給アイドルを脱出し、女優に転向した満島は、自腹でオーディションを受けに行くなど、地道に下積みを続けたのです」(前出・芸能記者)

 飛躍のきっかけは園子温監督との出会いだった。園監督といえば、満島の出世作となった主演映画「愛のむきだし」(09年)のメガホンを取った鬼才。前出・映画関係者が言う。

「満島の前では、園監督の名前も禁句なんです」

 映画界では恩人のはずだが‥‥。

「園監督は満島にゾッコンでした。クランクアップ後も演技指導と称して自宅に何度も招いたようです。満島も恩義があるため断れず、一時は周囲から通い妻のように見られたことも。最終的には満島から関係の解消を迫ったのですが、そのあまりに熱心なアプローチが頭から離れず、今でも距離を置いているのでしょう」(前出・映画関係者)

 人気監督をフッても、どっこい売れてる満島サン。にくいよ、この~! ど根性女優!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「タピオカ騒動」木下優樹菜、一転謝罪も指摘される「ファンに『黙れ』」過去!
2
巨人・鈴木尚広、阿部慎之助よりこっ恥ずかしい「重婚報道」にドン引きの声
3
桑子真帆を筆頭にNHK勢が躍進のヒミツ/「女子アナランキング」考察(下)
4
批判覚悟?田中圭が「おっさんずラブ」続編から降板しなかった理由
5
木下優樹菜「恫喝DM騒動」で「数千万規模の違約金発生の可能性」証言!