芸能

爆問・田中“子連れ再婚”を成功させる山口もえとの「ステップファーザー生活」

20150731bakusyo

 2012年の暮れに交際が報じられ、その後もゆっくりと愛を育んできた爆笑問題の田中裕二とタレントの山口もえ。そんな二人にようやく“進展”が見え始めた。

 一部スポーツ紙の報道によれば、現在、田中と山口は今月下旬にも都内に構えた新居への引っ越し作業を進めており、山口の長女(8)、長男(4)と4人で暮らす環境を整え始めているという。

 27日に2人の「結婚報道」が流れた際、田中の所属事務所の太田光代社長は、「今のところ変化はないです。一緒に住んでもいないです」と同居はキッパリ否定したものの、その際、山口の子供たちに関しても言及しており、「お子さんが傷つくのはよくない。みんなが納得した上ならいいと思いますが、こういうことになっちゃうと‥‥見守っていてください」と過熱する報道に配慮を求めていた。

 この太田社長のコメントからも、現在の田中と山口親子との微妙な関係が窺い知れると話すのは女性誌記者だ。その真相について「田中はステップファーザーの段階なのでは?」と分析する。

「一般的に子連れ再婚の場合、母親が第一に考えるのは子供たちの気持ちです。ママの恋人を新しいパパとしてすんなりと受け入れる場合もあれば、時間が掛かるケースも少なくありません。ただ、いずれにしても子供にしてみれば母親を取られた気持ちになる。しかも田中は50歳で、子供からすればおじいちゃんでもおかしくない年齢です。その上有名人ですから、学校内での配慮も必要になってくる。そんな諸々の環境変化に子供がゆっくり対応できるよう、田中は時間をかけて“パパ”になる段階(ステップ)をずっと踏んできたんだと思います」

 8月中旬までには婚姻届を提出する予定だとも報じられている二人。その成り行きに注目したい。

(李井杏子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…
5
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?