社会

森喜朗は何でそんなにエラいのか?「新国立競技場を巡る発言にはウラがある?」

20150806h_1st

 政界引退から3年。隠居生活なんて退屈だと言わんばかりに、新国立競技場の問題で元「失言総理」が偉そうに放言を繰り返している。国民からの反感の声など馬耳東風。“過去の人”から再び日の当たる場所に戻ってきた森喜朗氏には、デカい態度でふんぞり返っていられる「深い理由」があった──。

「国がたった2500億円も出せなかったのかね、という不満はある。何を基準に『高い』と言うんだね」

 森喜朗元総理(78)が、都内にある東京五輪組織委員会のオフィスで記者団に囲まれ、不機嫌そうな仏頂面で怒りをブチまけたのは、7月17日のことだった。

 同組織委員会会長と日本ラグビーフットボール協会名誉会長を兼任している森氏が、新国立競技場の「総工費高騰」問題について批判することは、これまでなかった。が、建設計画が「白紙撤回」されると、態度を一変させて恨み節を炸裂させた。ここに来て問題の“キーマン”として再び脚光を浴びているのだ。

 同日に収録されたBS番組では、費用高騰の原因となった競技場の屋根を支える2本の巨大なアーチ構造について、

「もともとあのスタジアムはイヤだった。(デザインが)ドロッとした生ガキみたいだ」

「ラグビーをターゲットにされるのは非常に不愉快だ。間に合わないなら、他の競技場にすればいい!」

 などと、たまっていた不満を吐き出した。建設計画が振り出しに戻ったことで、森氏の尽力で日本開催が決まった2019年ラグビーW杯で新国立競技場が使えなくなったことが怒りの原因だろう。ただ、その裏では別の“青写真”があったという。東京新聞編集委員の五味洋治氏が語る。

「安保法案を強行採決したことで、内閣支持率が落ち込みました。新国立競技場の問題を放置したら、さらなる低下は避けられません。そこで、森さんが表に出ることで批判を政権からそらしたかったのでしょう。それでも、『たった2500億円』という発言は庶民感覚からかけ離れています」

 首相官邸の関係者もこう証言する。

「デザイン計画を見直した場合、キャンセル料などを含めた費用を計算したら、ほとんど金額が変わらないことがわかった。それで当初は総理も継続の方向だったんですが、予想以上に安保法案の反対運動が盛んになったのと、世論調査で新国立競技場計画に反対の意見が70%を超えたこともあり、総理は“決断”を迫られたのです」

 冒頭の発言の前日の7月16日夜には、赤坂の日本料理店で安倍総理は森氏らと会合。翌日の発言直前にも首相官邸で2人だけで35分間もの話し合いが行われ、その後、下村博文文科相、遠藤利明五輪相が加わり、1時間続いた。会談終了後、記者団とこんな一幕があった。

記者「新しいデザインはどう決めていくのですか?」

「誰だキミは!」

 急にどなりつけ、記者をにらみ、こう畳みかけた。

「私はそういう立場じゃない! 関係ない! 政府がやるんでしょ」

 現場で取材をしていた記者はこう振り返る。

「激怒したのは驚きましたが、取材が終わるとすぐ上機嫌になった。記者たちの間では、『さっきの囲み(取材)は、パフォーマンスだろ。何か起きるぞ』と話題になりました」

 その記者の予想どおり、それから森氏は、頻繁に公の場に現れ、物議を醸すような発言を連発。新聞・テレビをにぎわせ、安保法案に関するニュースはかすむほどだった。

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
2
広瀬すず「橋本環奈NG」解除の背水事情(1)格の違いで「相手にならないよ」
3
森七菜、新CM動画“脱ぎシーン”でついに現れた爆裂バスト輪郭が大反響!
4
新垣結衣、大河ドラマ“初出演”に飛び交う「アノ穴はどうする?」の憶測
5
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ