スポーツ

早稲田実業・清宮幸太郎「新怪物」絶賛の裏にあった意外な“弱点”

20150813g

 久々の「甲子園のスター」誕生の予感バリバリである。ラグビー界のカリスマを父に持ち、1年生にして主軸を張る。豪快かつ完成度の高い打撃は「清原超え」の声もあるほどだが、意外な「弱点」も指摘され‥‥。

 早稲田大、サントリー、ヤマハ発動機ジュビロのラグビー部監督を歴任し、19年に日本で開催されるラグビーW杯の日本代表監督に「立候補」。そんな清宮克幸氏(48)の長男・幸太郎(16)は早稲田実業の1年生にして3番を打ち、規格外の打球を飛ばすなど、早くからプロ野球スカウトが注目する逸材スラッガー。この夏の甲子園にも出場を決めたことで、いやがうえにもボルテージは上がるのだ。

 中学2年生で160メートルの場外弾を放ったとか、「和製ベーブ・ルース」と称されているとか、その逸話はすでに大物級。スポーツライターが言う。

「例えば打ち損ないの内野フライの打球が、普通の打者よりはるかに高いことでもわかります。芯に当たっていないのに高く飛ぶのは、スイングスピードが速い証拠。DeNAの筒香と似ています」

 かつて報徳学園のエース兼4番打者として、夏の甲子園で全国優勝を果たした野球解説者の金村義明氏も、賛辞を惜しまない。

「彼が小学生の頃から見ていますが、(メジャーリーグの元大砲の)バリー・ボンズのような打撃フォームだと思います。体の軸回転で打ち、脇も締まっている。そして打つポイントが近く、スイングスピードも速い。見るだけでワクワクする、末恐ろしい選手です。きっと甲子園で暴れてくれると思います」

 一方、こうした意見に敢然と異を唱えるのはご存じ、球界の御意見番、張本勲氏である。7月26日に放送された「サンデーモーニング」(TBS系)で、持論を展開したのだ。

関口宏 清宮はどうですか。

張本 そりゃ、怪物でしょう。だけど今のままでは難しい。

関口 どうして?

張本 やっぱり我流だからね。手直ししなきゃ。ワンちゃんがいるじゃないの、早実の卒業生の。ワンちゃんに教えてもらったらうまくなると思いますよ。

 清宮の大先輩に当たるソフトバンク・王貞治球団会長を「指名」したのだ。

張本 まず、グリップがよくない。遊びが多い。ステップもよくない。これを直さないと。直したらすごいバッターになりますよ。

関口 そうですかー。

張本 ワンちゃんが直したら‥‥まぁ、あとは私ぐらいしかいないと思います。

 前出・スポーツライターがこれを補足する。

「グリップに遊びが多いというのは、ムダが多いという指摘でしょう。手首が柔かいですから。もっとどっしり構えていればいいのに、ということではないですか。ステップがよくない、とは恐らく、踏み出した右足のタイミングが早すぎるということ。もっとタメを作るべきだ、と」

 さらには下半身の使い方やフォロースルーが小さいことなどを指摘する声もあるが、それも期待が大きいゆえのこと。またスポーツ紙デスクは「弱点は野球技術以外にもある」と言って、次のように懸念するのだ。

「父親譲りの大放言が何か問題を引き起こさないかと。報道陣に対し、『皆さん、ホントはホームランを打ったコメントが欲しいんでしょ』と言うなど、とても高校1年生のものとは思えない発言を堂々と連発しています。そのふてぶてしさが大器を思わせる魅力でもあるわけですが、逆に反感を買うことにならなければいいなと思います」

 あれこれ外野の声が多いのも、そのズバ抜けたスケールのデカさゆえでのことか──。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
2
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
3
横浜F・マリノスは間違えた!キューウェル監督の電撃解任で「来季も地獄」が確定
4
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
5
真美子夫人がやり玉に!大谷翔平レッドカーペット「日本人の褒め方」が明らかにオカシイ