芸能

「ウソ設定を認めたはずじゃ…」小倉優子の「こりん星」CMに痛烈批判の声

20150811ogura

「こりん星」からやって来た美少女も、いまや人妻となり母となり、すっかり女っぽさも板についてきた。ところが、世間の目は一筋縄ではいかないようだ。

 今年5月に放送された「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系)に出演した際、「こりん星から来た」というウソ設定を貫いてきた10年間の苦悩について切々と語った小倉優子。番組では「やっと辞められた」と語っていたものの、“こりん星キャラ”に、「いまだにすがっているようにしか見えない」と、世間は冷たい視線を送っている。

 その原因となっているのが、小倉が出演するスマホアプリ「ポケコロ」のテレビCMの内容。この「ポケコロ」はポケットの中にある小さな星に住む自分のキャラクター、星、部屋などをアイテムを使って可愛く飾りながら、他ユーザーとのコミュニケーションを楽しむというアプリ。今月1日より「『こりん星』作っちゃいました編」など、全3バージョンの放送が開始されている。

 CMでは「こりん星なかったと思ってますよね? だから作っちゃいました!」というセリフを笑顔でしゃべっている小倉だが、「何それ?」と違和感を抱いた視聴者が多かったという。「『思ってますよね?』って、アンタがなかったと言ったんじゃないの?」とツッコまれるのは当然だ。

 しかも同アプリでは、プレイした人全員がもれなく「こりん星」をもらえるというキャンペーンも開催中。まさに“こりん星さまさま”な起用なのだ。

 こりん星キャラを卒業した直後のインタビューでは、仕事が減ったことを明かしたものの、「後ろは振り返りたくないんです。キャラとかじゃなくて普通の自分でいたい‥‥」と話していた小倉だったが、前言撤回どころか、過去を振り返りっぱなしの現状だ。

「同CMの記者会見イベントでも『若い方にこりん星を知って頂けるのなら』と快諾したという小倉ですが、昨年9月に放送されたバラエティ番組『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)では、視聴者に向けて『こりん星のことはきっぱり忘れてください』と懇願していました。こうした支離滅裂ぶりにはメディア関係者も呆れ顔ですが、『結局は引き出しゼロだし、それしかネタがないから』と大目に見てもらっている感じです」(芸能ライター)

 育児をしながら各分野で活躍する女性を表彰する「ベストマザー賞2014」の芸能部門に選出されるなど、ママタレントとしての地位も確立してきた小倉。どれがホントでどれがウソかそろそろハッキリしないと、お茶の間の支持を失うのも時間の問題だろう。

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
これが人気美女ベスト5人「美ボディ改造」最前線だ(2)新垣結衣は1日3リットル以上の水を飲み…
2
元アジアン・馬場園梓が後輩芸人に「姉さん抱かせてください」せがまれた結末
3
野茂英雄や佐々木主浩でもない…田尾安志、“最強直球投手”に江川卓を挙げた理由
4
桑子真帆、上沼恵美子が分析した“結婚する気はなかった”ワケ
5
夏目三久“山ありゴムあり”「美脚14年」を真相報道する(4)「あさチャン!」での思い切ったカミングアウト