芸能

「HEAT」35年ぶり低視聴率も当然!?我慢強い視聴者も逃げた仰天内容とは?

20150816heat

 8月11日に放送されたテレビドラマ「HEAT」(フジテレビ系)の視聴率が2.8%だったことがわかった。この視聴率はテレビ史において、35年ぶりの低い数字だという。

「『HEAT』の視聴率2%台は、1980年に放送されていた学園ドラマ『ピーマン白書』(フジテレビ系)以来、約35年ぶり。しかし『ピーマン白書』の時は裏番組に『8時だョ!全員集合』(TBS系)という一時は視聴率30%台を記録したオバケ番組が放送されていたため、仕方のない敗北と言われてきました。しかし今回の『HEAT』は、裏でこれといった人気番組が放送されていないにも関わらず、この記録を出してしまったということは、完全に視聴者から避けられているのでしょう」(テレビ誌記者)

 この歴史的な数字にネットでは「AKIRAが歴史に名を残した」「このまま夢の1%台に踏み込んでほしい」と、低視聴率をイジる書き込みが殺到。ここまでの記録を出してしまった理由は先週の放送内容にあるという。

「連続ドラマでの視聴率低下というのは、前週の放送内容が影響する場合が多いのです。前回の『HEAT』は夏祭りが舞台でしたが、屋台のガスが引火して火災が発生するのではと視聴者に思わせて、実際は『金魚すくいの人がお祭りに間に合わないから金魚の水槽を作ろう!』という斜め上の展開で物語が進行。もちろん消火活動もなく、大きなドラマは何も起こらなかった。さらに不人気ドラマの影響かエキストラが集まっておらず、終始スカスカの寂しい祭りシーンが映し出されていました。その結果、今まで我慢してきた数少ない視聴者からも見放されたのではないでしょうか」(前出・テレビ誌記者)

 一部視聴者からは「観てないけど毎週視聴率だけは楽しみ」と低視聴率が期待されている「HEAT」。来週からもこの不名誉な話題が世間を賑わすことになるのだろうか。

(森嶋時生)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え