芸能

もはや視聴率爆死は当たり前?フジの火曜ドラマが「HEAT」に迫る大惨事

20160129fuji

 1月26日に放送されたテレビドラマ「お義父さんと呼ばせて」(フジテレビ系)第2話の視聴率が6.2%だったことがわかった。同ドラマは初回放送から視聴率を大きく下げてしまった。

「フジの火曜ドラマ枠といえば、昨年は『戦う!書店ガール』や『HEAT』が、初回から視聴率6%を記録するなど大苦戦しました。それが今期の『お義父さんと呼ばせて』は初回9.6%と、まずまずな数字を記録。しかし安心したのもつかの間で、2話では一気に6.2%まで下がってしまいました」(テレビ誌記者)

 同時間帯には、TBSで深田恭子主演のドラマ「ダメな私に恋してください」が放送されているが、第1話の段階では、かろうじて「お義父さん~」が視聴率で勝利していた。しかし翌週になると視聴率は逆転。

 その理由は「ダメな私に~」放送後、視聴者の「深田が30代にしてはかわいすぎる!」「ディーン・フジオカのSキャラがいい!」という絶賛の声がネットで話題になったため、ドラマファンはTBSへ流れているとの声もある。

 そんな苦戦中の「お義父さん~」だが、第2話では主演の遠藤憲一が服を脱いだ状態が長時間続いたため、視聴者を驚かせたという。

「2話では主演の遠藤が、取引先の懇親会に顔を出し、スッポンポンで桶だけで踊るシーンがありました。遠藤といえばコワモテ系の俳優としての印象が強いですから、その体当たり演技には視聴者も『役者魂に感動した!』『エンケン、凄いな』と絶賛の嵐。しかし視聴率が低迷していることで、もしも昨年のドラマ『HEAT』のように打ち切りになったら、遠藤は浮かばれません」(前出・テレビ誌記者)

 Vシネマの悪役から、近年はドラマの主演にまで登りつめた遠藤。ここで結果が出せるかどうかが、今後、彼の俳優人生を大きく左右しそうだ。

(森嶋時生)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
松本伊代、それでもヒロミを選んだ“アイドル時代”群がった男たちの「接近手段」
3
衝撃発覚!あの紅白歌手に楽曲を提供した「薬物作曲家」の逮捕劇
4
安田美沙子、「感動の出産シーン」と真逆の“汚部屋”公開に“不衛生”非難が!
5
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…